サーフィンライフ2023年1月号は大野修聖の表紙で12月9日発売!

2022/12/08 更新


サーフィンライフ2023年1月号巻頭特集は「This is Channel Islands Surfboards」と題してブランドのCEOでありヘッドシェイパー、ブリット・メリックのインタビューとサーフスタジアムでのチームセッションの模様をお届け!!

This is Channel Islands Surfboards
サーファーならば知らない人はいない老舗のサーフボードブランド。1969年から50年以上の長きにわたって世界のトップサーファーたちを幾度となくワールドタイトルに導いてきた。現在は父、アル・メリックからシェイプのイロハを学んだ息子のブリット・メリックがヘッドシェイパーを務めている。本誌では現在のチェネルアイランズサーフボードを牽引する ブリット・メリックの独占インタビューに加えてブランドの豪華ライダー陣によるサーフセッションを単独取材した。


確かな自信を胸に2023年シーズンへ
AIMING HIGHER. Connor O’Leary
エリートツアラーのコナー・オレアリーはシドニーの南に位置するニューサウスウェールズ・クロヌラ出身で、母親は元JPSAグランドチャンピオンの柄沢明美さん、父親もサーファーというサーフィン一家で育ち、CTのジャージの肩には右側にオーストラリアの国旗が、左側には日本の国旗が記されている。体格は典型的なオージー、繊細な性格は日本人の血からくるのかもしれない。エリートツアーに2017年にクオリファイし2018年にCTから陥落するが2021年シーズンより再びCTに返り咲く。強豪選手がひしめき合うなか 2022年シーズンはキャリアハイの9位で終えた。 そんなトップ10 ランカーの彼が束の間のオフに帰国したタイミングでインタビューを敢行した。


サーフラバーたちのリアルな“波乗りグッズ”を要チェック!
SURF STYLE GEAR COLLECTION Vol.12
中塩佳那(2022年JPSAグランドチャンピオン /プロサーファー) /金沢呂偉 (2022年JPSAグランドチャンピオン / プロサーファー) / 青木 肇 (サーフフィルマー/シンプル・イージー )
常にサーフィンに向き合う人たちは、一体どんなサーフギアを使っているのか。異なるサーフポイントと各々が送るライフスタイル、当然のように趣味嗜好も違うのだから愛用するサーフギアも十人十色。サーフィンに直接関わるものもあれば、フィーリング的なものまで、“サーフギア”の捉え方は人それぞれだけど、コレがリアルなサーフカタログです。

<他>
コナー・オレアリーと日本人トッププロによるウェイブプールセッション/ 今からチェックしておくべき未来に輝く注目のキッズ・ボーイズ&ガールズ「FUTURE PLAYERS」/ 編集部スタッフがいい波を求めて全国を旅する「波乗りサボり旅in秋田・青森」 / 「旅好き会社員の言いたい放題」  / 「NEW SWELL〜乗っていきたい新潮流」 / 「SL PICKUP」などなど盛りだくさんの内容で皆さんのサーフィンライフを全力でサポートいたします!

SURFIN’LIFE(サーフィンライフ)2023年1月号 
表紙:大野修聖
12月9日発売 1,200円

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/