ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)12.4号が発売された。

2022/12/08 更新


今号の注目はフィーチャーストーリーは、ジェリー・ロペスが、植田 義則と日本の思い出について書き記した日本版オリジナルコンテンツ。ジェリー・ロペスの手記に加え、植田 義則のインタビューも掲載されている。

インタビュアーは、鎌倉出身のオーシャニスト岡崎 友子。ジェリー・ロペス、植田義則の両氏を良く知る岡崎のインタビューにも注目。


50YEARS… MEMORIES, FRIENDS AND 8×10s
友と思い出。そして、セピア色の写真たち
ジェリー・ロペスと植田 義則。
1970年代のサーフィン隆盛期から現在にいたるまで、
半世紀をともに歩んできたふたりの友情の軌跡。
文:ジェリー・ロペス
キャプション:植田義則
インタビュー、訳:岡崎 友子


The First Cut Is the Deepest
ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト
文:クリスチャン・ビーミッシュ
ここでは再び、流行の兆しがあるチェンネルについて興味深い記事が掲載。
他に、ウェイン・リンチのインタビューなど、かなり読み応えのある1冊になっている。

お得な定期購読こちらから。
The Surfer’s Journal 日本語版

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/