フィリッペ&ステファニーが2022年世界チャンピオンに!五十嵐カノアは5位 CT最終戦「RIP CURL WSL Finals」

2022/09/09 更新

フィリッペとステファニーが2022年世界チャンピオンに!PHOTO: © WSL/ Thiago Diz

アメリカ カリフォルニア州 San Clemente LOWER TRESTLES (サンクレメンテ ローワートラッセルズ)では、現地時間9/8(木)にWSL(ワールドサーフリーグ)CT(チャンピオンシップツアー)の最終戦「RIP CURL WSL Finals」が開催され、フィリッペ・トレド(BRA)が初となる世界タイトル獲得、ステファニアー・ギルモア(AUS)は8度目の世界チャンピオンに輝いた。

 

フィリッペ・トレド(BRA)が初の世界チャンピオンに!

フィリッペトレドが2022年世界チャンピオンRip Curl WSL FinalsPHOTO: © WSL/ Thiago Diz

今シーズン圧倒的な強さでランキングをリードし、このWSL FinalsはNo.1のポジションにより最終タイトルマッチからの戦いとなるフィリッペ・トレド(BRA)。
イタロフェレイラPHOTO: © WSL/ Pat Nolan

対戦相手のイタロ・フェレイラ(BRA)は初戦からNo.5の五十嵐カノア、No.3のイーサン・ユーイング(AUS)、そしてNo.2のジャック・ロビンソン(AUS)を倒し最終舞台へと勝ち上がった。

フィリッペトレドRip Curl WSL FinalsPHOTO: © WSL/ Pat Nolan
全3戦のうち先に2勝した選手が世界タイトルを獲得する。タイトルマッチの初戦、フィリッペは勢いにのるイタロを押さえ先に1勝してチャンピオンへと1歩近づけた。

続く2戦目も接戦となったが、フィリッペはトータル16.50pt(8.67+7.83)をスコアし、イタロに連続で勝利して初のワールドタイトルを獲得した。

フィリッペトレドPHOTO: © WSL/ Thiago Diz
「これ以上のことはありません。これはブラジルのため、私の家族のため、そしてここにいる皆さんのためです。まず、イエスに感謝します。彼が私の人生と先週、そして1年を通して何をしたか。私は落ち着いて、そこにいるイエスの助けを借り集めました。昨夜、私たちはジョン牧師、テリー牧師と妻、そして家族全員と一緒に時間を過ごしました.彼が私たちに与えた2つの言葉は平和と力でした.それが私が一日中持っていたものです。」と世界チャンピオンになったフィリッペはコメント。

彼の家族と技術に対するブラジル人のコミットメントは、これまで以上に明白で、彼らと一緒に各イベントに周り、2022年のCTシーズンを支配し、今シーズン2勝を含む5回のファイナル出場を果たし、イタロとのタイトルマッチアップにのぞんだ。

フィリッペトレド世界チャンピオンPHOTO: © WSL/ Pat Nolan

「夢を追いかける人は誰でも報われます。それは大変でたくさんお浮き沈みがあり、悪い考えにもなりましたが、やり遂げました。」

イタロフェレイラPHOTO: © WSL/ Pat Nolan
今シーズン2位でフィニッシュした2019年チャンピオンのイタロは今年素晴らしい活躍を見せたジャック・ロビンソン(AUS)に反撃の機会を与えず勝利。その後のぞんだフィリッペとのタイトルマッチアップで全てを出し尽くした。

 

ステファニー・ギルモア(AUS)は初戦から勝ち上がり8x世界チャンピオンに

ステファニーギルモア世界チャンピオンPHOTO: © WSL/ Beatriz-Ryder

No.5のステファニー・ギルモア(AUS)は初戦からのこの最終戦に挑み、No.4のブリッサ・ヘネシー(CRI)、No.3タティアナ・ウェストン・ウェブ(BRA)、そしてNo.2のジョアン・ディフェイを破りNo.1カリッサ・ムーア(HAW)のいるタイトルマッチへと勝ち上がった。

女子のタイトルレースは、7xチャンピオンであるギルモアと5x世界チャンピオンであるカリッサのレジェンドがベストオブ3の戦いで対決するタイトルマッチだ。

ステファニーギルモアRip Curl WSL FinalsPHOTO: © WSL/ Pat Nolan

初戦、ステファニーはその勢いを落とす事なくカリッサに勝利して窮地に追いやった。

続くタイトルマッチ2戦目も、ステファニーは猛攻は止まる事なく、最高の波を選び、トレードマークのレールワークでスタイリッシュなサーフィンをフルに発揮。

ステファニーギルモアPHOTO: © WSL/ Pat Nolan

感動的なフィニッシュで、ステファニーは2022年の世界チャンピオンになっただけでなく、史上最高の女性サーファーとなり、8つの世界タイトルを記録した。

ステファニーギルモアRip Curl WSL FinalsPHOTO: © WSL/ Beatriz Ryder
「今のこの気持ちを表現できる言葉は本当に多くないですが、私はこのフォーマットが大好きです。かなりのプレッシャーでしたが、それは本当に信じられないことです。」とステファニーはコメント。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州出身の34歳のステファニアーは、ルーキーシーズン (2007年) に初の世界タイトルを獲得し、そのような偉業を達成した史上初のサーファー になった。

彼女はさらに3つの連続したタイトル (2008年、2009年、2010 年)、2012年と2014年にはさらに2つの世界タイトルを獲得。そして2018年、4年間のギャップを経て、ステファニーはオーストラリアのレイン・ビーチリーの記録に並ぶ7回目の世界タイトルを獲得し、2019年のCTシーズンを世界4位で終え、東京オリンピックの資格を得たがメダルには届かず、ライバルのカリッサが金メダルと世界タイトルを獲得を見せつけられた。

しかし2021年の終わりに、ステファニーは再びCTに専念し、8回目の世界タイトルを獲得することを誓い今日、彼女はまさにそれを成し遂げ、サーフィン界のレジェンドの1人としての地位をさらに固めた。
ステファニーギルモア世界チャンピオンRip Curl WSL FinalsPHOTO: © WSL/ Pat Nolan

「世界で最も素晴らしい女性サーファーのブリッサ(ヘネシー)、タティアナ(ウェストン・ウェッブ)、ジョアン(デフェイ)に勝利できた事を本当に誇りに思います。そして、カリッサとの決勝まで勝ち進むことができました。カリッサは今年の現実の世界チャンピオンです。私はタイトルマッチでたおす事ができればとてもクールだと思っていました。私が思うに史上最高です。」とステファニーはコメントした。

カリッサムーアRip Curl WSL Finals

昨年のこの時期5回目のチャンピオンを獲得したカリッサ・ムーアだが、このスポーツで最も偉大な選手の1人は、タイトルマッチで海とのリズムを見つけることができずステファニーに敗退した。

カリッサムーアRip Curl WSL FinalsPHOTO: © WSL/ Pat Nolan
今シーズン4つのファイナル進出でRip Curl WSL FinalsのNo.1の出場権を獲得したカリッサにとって驚くべきシーズンとなった。

 

五十嵐カノアは今シーズン5位でフィニッシュ

五十嵐カノアRip Curl WSL FinalsPHOTO: © WSL/ Beatriz Ryder

イタロフェレイラvs五十嵐カノアRip Curl WSL FinalsPHOTO: © WSL/ Pat Nolan

日本人史上初となる最終戦に出場した五十嵐カノアはイタロを相手にバリエーションあるサーフィンをみせトータル11.83(6.83 + 5.00)をスコアしたが1歩及ばず敗退。

五十嵐カノアRip Curl WSL Finals
今シーズンは自身の記録を更新してCTランキング5位でフィニッシュした。

前半戦はCTランキングをリードしてイエロージャージを着るなど素晴らしい活躍を見せた五十嵐カノア。来シーズンはまたどんな姿でCTの舞台に戻ってくるのか楽しみだ。
 

ハイライト映像: All The Crazy Action From The Rip Curl WSL Finals

 

Rip Curl WSL Finals結果

Women’s Match 1: ステファニー・ギルモア (AUS) 14.76 DEF. ブリッサ・ヘネシー(CRI) 14.33
Men’s Match 1: イタロ・フェレイラ(BRA) 13.37 DEF. 五十嵐カノア(JPN) 11.83

Women’s Match 2: ステファニー・ギルモア (AUS) 15.30 DEF. タティアナ・ウェストン・ウェブ (BRA) 14.87
Men’s Match 2: イタロ・フェレイラ(BRA) 13.10 DEF. イーサン・ユーイング (AUS) 11.83

Women’s Match 3:ステファニー・ギルモア (AUS) 16.83 DEF. ジョアン・ディフェイ (FRA) 10.53
Men’s Match 3: イタロ・フェレイラ(BRA) 16.10 DEF. ジャック・ロビンソン(AUS) 13.30

Women’s Title Match, Heat 1: ステファニー・ギルモア (AUS) 15.00 DEF. カリッサ・ムーア (HAW) 10.90
Men’s Title Match, Heat 1: フィリッペ・トレド (BRA) 15.13 DEF. イタロ・フェレイラ (BRA) 14.97
Women’s Title Match, Heat 2: ステファニー・ギルモア (AUS) 15.23 DEF. カリッサ・ムーア (HAW) 11.97
Men’s Title Match, Heat 2: フィリッペ・トレド (BRA) 16.50 DEF. イタロ・フェレイラ(BRA) 14.93

 
CT最終戦「RIP CURL WSL Finals」
https://www.worldsurfleague.com/events/2022/ct/10/rip-curl-wsl-finals/main

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/