「海外のラインナップでの振る舞い方とは?」デーンレイノルズやカムリチャーズがアドバイス

2022/08/15 更新

インドネシア夏のおすすめ海外サーフトリップ先ベスト10Photo:Jeremiah Klein

サーフィン界で最も敬意を払い、したがって尊敬すべき3人のキャラクターのトレードオフの秘訣。

ローカリズムよりも悪いのは外国人主義だけです。

そして、波のラインナップは一般的に人間社会にとって限られた縮図に過ぎないので、より多くの人々が集まれば問題が起きる事は合理的です。そしてサーフィンが主流になった事で、ラインナップを共有するすべての人が、同じ常識や旅行マナーを持っているとは限りません。

「サーフトリップ」を考えるときは、トリップの部分に重点を置く必要があります。

例:1人目は熱くなりやすい、うるさい派手で目立っています。象徴と取り巻き、反発した姿勢と軽蔑した目つき。彼はいばり散らし、意地悪で、バックパドルしてラインナップを燃やします。そして、悪い存在感は彼が去った後も感じられます。彼が汚染した場所の投稿、共有、ラベル付け、ジオタグ付けに感謝します。

2人目はそのたわごとのどれにもあてはまりません。

さて、あなたはどちらですか?最近のCNNのレポートで説明されているように、「旅行者の行動が悪い:観光客の行動は悪化しているのか?」観光の専門家、ピーター・E・ターロウ博士によると、一部の旅行者は日常生活とは一見無関係な場所にいることの興奮と匿名性により、普段のキャラクターから外れた行動をする傾向があります。「家から離れているので、旅行者は彼らの抑制、基準および行動を下げる傾向があります」と彼は2018年の本Tourism-Oriented PolicingandProtectiveServicesに書いています。「多くの旅行者は匿名性を楽しんでいるため、自宅では行わないような失礼な、半合法的な、または違法な活動に積極的に参加します。」

「海外のラインナップでの振る舞い方とは?」デーンレイノルズやカムリチャーズがアドバイスPhoto:Jeremiah Klein
闇の中で、グリッドから外れてサーフトリップを始めるには確かにもっと悪い方法があります。

言い換えれば、ほとんどのサーファーは確かに善悪を知っていますが、故郷から離れたらすぐにその知識を放棄することを好む人もいます。「サーファーのキャラクターについては、ラインナップの仕方から多くのことを知ることができます」と南アフリカのサーフフォトグラファーで彼の魅力的なイメージと同じくらい社交的な誠実さで有名なAlan Van Gysen(アラン・ヴァン・ガイセン)は言います。「ホームタウンで部外者がパドルアウトし、振る舞いが悪く、他人への配慮を示さない時よりも苛立たしいことはありますか?旅行者は、盛る上がりの度合いや興奮、良い雰囲気に関係なく、新しい目的地では配慮が必要です。信頼を築き、ラインナップとコミュニティに敬意を表して没頭したい場合は、思いやりのある落ち着いたアプローチが重要です。」

「私は世界中の多くの場所で多くのプロのサーファーと仕事をしてきました」とアランは続けます。

「そして何よりも際立っているのはDane Reynolds(デーン・レイノルズ)とDane Gudauskas(デーン・グダスカス)です。デーンは静かに辛抱強く波を待っていますが、それはほぼ間違っていて、彼の驚くべきサーフィンを披露すると、最終的に周りの人は波を譲り、世界最高峰のサーフィンを見るレアな機会を与えます。デーン・グダウスカスは親しみやすい笑顔と歓迎の態度で、本当に周りの人々とコニュニケーションをとり有意義な関係を作ります。スタイルとアプローチの違いにもかかわらず、両方のデーンは、その場所をリスペクトを示すことで敬意が得られることを知っているので、外国のラインナップで常に歓迎されています。」

「あなたが食事する場所でうんちをしないで下さい。」とデーンは言います。「常にすべての人を意識する必要はありません。」

「私達3人は一緒にサーフィンをして育ったので、プロレベルになるずっと前から、それを本当に意識していました」とデーン。彼の態度や見解はグダウスカスの慈善非営利団体であるPositive Vibe Warriors Foundationに最もよく反映されています。「私たちは、水に入るときに大きな水しぶきを上げないように常に調整されていました。なぜなら、私たちはすでに3人の金髪の子供たちが浜辺を下ってロワーズに向かって走っていると認識されていたからです。それは簡単です。世界中を旅するとき、あるいはコミュニティのすぐ外にいるときでも、そこに戻って何度もやりたくなるような体験ができることを願っています。熱くなりすぎると戻れなくなる可能性があります。しかし、誰もが波を楽しむという同じ理由でそこにいるという事実を意識している場合、そしてあなたが彼らの場所でさまざまな人々と連む機会に感謝しているなら、あなたは友達を作るつもりであり、歓迎されます。」

スペクトルの反対側では、サウスカロライナ州のプロCam Richards(カムリチャーズ)は最初から井の中の蛙でした。これは、古き良き南部のおもてなしと落ち着きのないアンダードッグ根性の自然な副産物です。彼の父、サーフボードシェイパー/ショップオーナーのKelly Richards(ケリーリチャーズ)は、彼の素晴らしいアマチュアキャリアを通して、それ以降、グロムのエゴを抑えながら、彼を早い段階でファーストトラックに乗せました。今日、カム・リチャーズはクオリファイシリーズ(QS)で38位であり、そして、東海岸がこれまでに生み出した最高のパイプラインサーファーの1人です。

「海外のラインナップでの振る舞い方とは?」デーンレイノルズやカムリチャーズがアドバイスPhoto:Jeremiah Klein

尊敬は双方向の道です。

「私が本当に若い頃、かなり頭がおかしかったと確信しています。」とカムは認めます。「私の親友はいつも私に「あなたは小さな子供のような悪夢でした」と思い出させますが、それは私の競争力からきていると思います。私が育った場所の奇妙な点は、サーフィンがそれほど大きくなく、波が良くなかったため、ほとんどの人がサーフィンのエチケットを理解していなかったことです。しかし、誰も怒りませんでした。それから私は父と何人かのビラボングの人々と一緒に旅行に行き、騒々しくて不快な子供よりも静かな子供である方が良いことをすぐに学びました。旅行をするときはいつも、卵の殻の上を歩いているような気がしました。「よし、静かに、人の邪魔にならないようにして、悪い波は何でも乗る必要があります。」というような感じです。騒ぎを起こすのが怖かったので、人が乗る波をパドルしたくありませんでした。父はいつも私に、「あなたがどのように扱われたいかを人々にしなさい。」 と言いました。それをサーフィンに変換する方法を学んだ後、私はたくさんの友達ができ、人々は私に波を与えてくれました。」

カムリチャーズPhoto:Jeremiah Klein

ドライでいるのはプロにとって決して悪い考えではありません。「みんなと仲良くしてつるみながら、ボーイズの1人になりたいと思っていることを彼らに示して、うまくいけば次のトリップに繋げられます。」とカムは言います。「どちらの方法でも、良い友情を築けます。」

そして、この物語はプロ、セミプロ、スポンサー付き、または飾られたサーファーに向けられているように見えるかもしれませんが、おそらく変な相手よりも速く広まります-様々なサーファーは、カム、デーン、アランの組み合わせた知恵からも恩恵を受けることができます。なぜなら、私たち1人1人が何か大きなものを反映しているからです。私たちが乗るブランドではないにしても、育った国や町、私たちを育てた両親、または私たちを謙虚にした兄弟たちです。国の境界線のすぐ外であろうと、地球の真ん中であろうと、ある時点で誰もが外国人です。
 
事前に反社会的であること

カムリチャード:たくさんの人とサーフィンをするのは好きではないので、ソーシャルメディアで旅行前にストライキのミッションについて話したり、旅行を宣伝したりするのは好きではありません。最近、多くの人が空港から、または彼らが向かっている地域にうねりがあればどこでも、Instagramに「これから楽しみです!」などと既にそこにいるように投稿するでしょう。しかし、そうすることで、これ以外の方法ではそこに行く知識がない他の人々を連れてくることができます。そして、大きなグループが現れた場合、100%の確率で、ローカルの人々はそこにいるプロサーファーを「お前が彼らを連れてきたんだ。投稿して皆に言ったからだ。」などと非難します。ですから、どんな犠牲を払ってもそれを避けようとし、それがあなたに戻ってこないようにすることを常に望んでいます。黙って、ただ現れるのが常に最善策です。

デーンレイノルズ:スポンサーや他の誰かから、自分がどこにいるかをソーシャルメディアに投稿する事でプレッシャーを感じたことはありません。それは必要ではなく、関係する他のすべての人にとってイライラする可能性があります。それはプロサーファーにとって、彼らがどこにいて何をしているのかを示すことが仕事の一種であるため、奇妙なことです。仕事の仕方は人によって様々で、間違いを犯します。しかし、トラブルに巻き込まれる状況に身を任せている人もいます。

アランヴァンガイセン:旅行前や旅行中にソーシャルメディアに投稿したり、オンラインで公開したりするのは良い考えではないと思います。この振る舞いは、混雑に影響したり、あなたがそこにいてまた戻ってくることを居住サーファーへよく思われない原因になるかもしれません。それはネガティブで、表明的で注目を集めるためだけのもので、この種の懸念や紐付けがなければ、旅行に本当に没頭したり楽しんだりすることができなくなります。旅行を楽しみ、真の人間関係を築き、その後、自分の経験を世界と共有する最も適切な方法を検討してください。あなたの旅行を成功させ、その過程で他の人に悪影響を及ぼさないものです。

 
もし有名なら…

アラン:新しい場所に旅行する人なら誰でも、自身の経験的な成功と長期的な関係のために住人や熟知したサーファー達とつながることが重要だと思います。彼らの経験とアドバイスに感謝し、共有されることで、旅行がより簡単で豊かになることは言うまでもありません。コミュニティの尊敬されているメンバーと一緒にロックアップすると、ビーチで口を開いたり、ラインナップにパドルアウトしたりする前でも、すぐに他の人との良好な関係を築くことができます。

カム:私が何年にもわたってパイプラインて過ごした時間を誰が知っていますか、そして正直に言うと、私が初めて本当の波を乗ったのは、VolcomPipeProのヒートの時でした。私がそのコンテストで乗れた波に近づくことは決してありませんでした。歓迎されなかったわけではなく、準備ができていなかっただけです。私はそこにいて、できるだけ多くのことを学ぼうとしていました。ですから、ローカルの人とは何の問題もありませんでした。つまり、去年の冬に私が手に入れた Wave of the Winter、Eli Olson(エリ・オルソン)が私に「その波に行け!」と言ってくれました。ハワイは実はとても公平です。人々は序列について不平を言いますが、そこに敬意を示し、クローズアウトのように、取る必要のない大きな波に乗れただけで、波に乗れるようになり、その尊敬を取り戻しました。

デーン:私にはこの哲学があります:「小さな円から大きな円へ」。ローカライズされたラインナップに入るときはいつでも、私は最初にそれがどのように流れるかを理解しようとし、次に統合します。ゆっくりとパドルアウトし、他の人のリズムを乱すことなくその流れの状態に入り、次にインサイドでやり直します。インサイドの波に乗ってサーフィンを始めると、誰もが気にせずに自分のリズムに乗ることができます。極上の波を誰かの手から奪うのではなく、自然にラインナップに統合するだけです。それからあなたは波に乗っており、人々はあなたに慣れてきて、突然セットがくる位置にポジショニングできます。そして、そのセットウェーブにコミットして上手く乗れば、ラインナップで尊敬を集めるのに役立ちます。

貴重なローカルの接触はアイコンタクトから始まります。少し手で触れても痛くはありません。

 
もし秘密なら…

アラン:新しい場所を調べて旅行を計画するときは、撮影エチケットからビーチでの運転、敏感な場所でのジェットスキーの使用まで、ルールについて連絡先からのアドバイスに耳を傾けることは慎重かつ重要です。他の人の空間や場所に入るとき、特に情報や画像が非常に迅速かつ自由に共有されるときは、操作を制御したり、外の世界から隠したりすることを期待しないでください。個人とコミュニケーションを取り、すべての機密を保持するように要求するだけです。しかし、あなたは尋ねることだけで、これを要求するべきではありません。同様に、居住者コミュニティから操作を制御したり隠したりしないでください。彼らがあなたを包括できるように、あなたは彼らを含める必要があります。

カム:あるべきではない場所で撮影している場合、または何かおかしな事をしていることを知っている場合は、それを隠さない方がよいでしょう。あなたが捕まると、あなたはもっと罪を犯しているように見え、戦いを求めているからです。たとえそれが人々が知っている、または過去に記録した場所であっても、誰かが来て「カメラを片付けてほしい」と言われたら、「まったく問題ありません。申し訳ありません」と先に進みます。みんなに正直になり、彼らの視点を理解し、友達のように話しかけるのが最善の策です。

旅行の後、彼が地元のグロメットのためにサーフボードを1つか2つ残してくれることを期待しましょう。それはサーフツーリストができる最もクールなことです。

デーン:カメラを持って旅をしているなら、賢くなりなさい。サーファーが存在し、すでにお目当ての本当に良い波を撮る機会はたくさんあります。しかし、何らかの理由で覆い隠されている新しい波があり、コミュニティがそれをそのように維持したい場合は、それを撮らないでください!他の人が見るためにすべてが展示される必要はありません。また、それを公開するのはあなたである必要はありません。特定のものをそのようにしましょう。

 
ただ送るのではなく、与えてください

アラン:新しい場所にいる人々とつながり、コミュニティ内で有意義な関係を構築する最善方法は、本物の一貫したコミュニケーションによって有機的に発生します。人生で重要なもののように、近道はありません。旅行やうねりが起こったり消えたりする前、最中、そしてずっと後もコミュニケーションを取ります。また、住民への贈り物の写真やビデオクリップは素晴らしい配慮だと思います。他の誰かがあなたと彼らの裏庭を共有するならば、それは見返りに何かを共有することだけが正しいように思われます。

カム:あなたが映画製作者と一緒にいるなら、ローカル達も撮影するように彼らに言ってください。誰もが自分たちのサーフィンを見るのが大好きで、可能ならばそれは彼らを奮い立たせる良い呼びかけです。そしてもちろん、人々は褒め言葉が大好きですが、同時に、度を越しすぎる必要はありません。彼らは愚かではなく、あなたが何をしているのかを知っています。そして、部外者が彼らの波をサーフィンしているのを見たのはこれが初めてではありません。シャカや「こんにちは」の挨拶が大いに役立ちます。そして、最初のセットがあなたに来たとき、行かないでください。それを漕いでいる別のローカルの人にそれを譲って、彼らがあなたに続けて欲しいものを待ってください。時が来ればそれを感じるでしょう。そして、みんなが機嫌が良ければ、セッションは常により良いものになります。

セットの波は行き来しますが、このようなジェスチャーはあなたの心の中で永遠に生きています。

デーン:他の人が波に乗るほど、最終的には自分が波に乗れる本数が増えるように見えます。つまり、全員がラインナップを移動しているからです。ですから、人々を波に乗せることが実際にあなたの最大の利益になります。序列がないと仮定することはできません。いる人達を意識し、各個人を尊重します。みんなを喜ばせることは不可能です。誰かはいつもあなたがあまりに多くの波を乗っているなど思っているでしょう。そして、より高いレベルのサーファーとして、あなたは一貫してより良い波に乗っていることがわかり、それは他の人をイライラさせるかもしれません。、他のサーファーのレベルがそれほど高くなくても、プロであることはあなたに特別な利益をもたらすものではなく、あなたがこれ以上尊敬されることを保証するものでない事は明白です。彼らはあなたと同じことを体験するためにそこにいることを覚えておくことは重要です。だから、皆で波に乗り本格的なジャムセッションにしましょう。

 
愚かな開示…

アラン:老舗のサーフコミュニティが存在する場所の場合、あなたを支援してくれた地元の人々に公に感謝することによって特定の場所や非特定の場所を開示することは、ほとんど受け入れられません。これは非常に物議を醸す個人主義的な問題であり、サーフィンの最大の欠点である利己主義を考慮すると特にそうです。あなたがエントリーしているラインナップに常駐サーファーがいなくて、非サーファーのコミュニティが倫理的に健全なサーフツーリズムから利益を得ることができるなら、私の意見では、それらの場所を開示し、そのコミュニティに感謝することは彼らに利益をもたらす可能性があります。実際、私はしばしばそれをするように頼まれました。しかし、実行は決して単純ではなく、将来は当初の意図どおりに理想的ではありません。それは必然的に常駐サーファーにつながります。彼らは将来、開示が決して起こらないこと、または将来決して起こらないことを望んでいるかもしれません。そのような場合、有意義な関係を育みながら、居住者との会話中にこれを持ち出すことを常にお勧めします.

カムリチャーズPhoto:Jeremiah Klein
カム・リチャーズ

あなたがそこにいる誰かと親しければ、彼らに前もって知らせるのは常に良い考えです。その後、1人で、もしくは他のもう1人と一緒に来てください。もし何の知らせもなく街にやって来て 大勢で盛り上がっているなら、コミュニティ全体に敬意が払われ、あなたをトラブルから救ってくれる唯一の相棒は、あなたに腹立てています。たとえアウターバンクに行くだけでも、ブレット・バーリーに来ると伝えます。でも、もしそれが私をトラブルへ巻き込む可能性がある波なら、そこに住んでいるメインの人と一緒に行くか、行かないかのどちらかです。それだけの価値はありません。

「道路上のバーにバラバラに入っていく場合、ジュークボックスで好きなものをすぐに演奏して、バーの全ての女の子の気を引かせるのではなく、頭を下げてビールを注文し、シーンを楽しんでください。」

デーン:撮影全体が残念な結果になる可能性があります。それにとても敏感な人もいれば、自分のやりたいことをやり、結果を受け入れる人もいます。彼らは今日このクリップを撮らなければとプレッシャーを感じるようになります。しかし、それは破壊的な体験を生み出し、混乱の中では美しいものを作るのは難しいです。私はただその場にあるものを尊重します。何かが禁止されていて、それがそこでの生態系として機能する場合、交渉の余地がある場所は他にもたくさんあります。許可を求めることは常に良いことです。「うわーここは楽しいので、後でカメラを持ってきていいですか?」 プロサーファーにとってはばかげているように聞こえるかもしれませんが、しかし、時にはそのすべてから自分自身を取り除くのが最善の方法です。多分明日、多分来週…あなたは別の日にサーフィンするでしょう!より多くのトリップやうねりがあります。すべての卵は1つのバッグに入っていません。また戻ってきた時にあなたに再び会えて人々がいくらか喜んでくれることを望んでいるなら、その時の短期的ではなく長い視点で考えてください。

この旅にはデバイスは必要ありません。古いアナログGPSは問題なく動作します。

 
馬鹿げた行為はしないで

カム:パドルの仕方に至るまで、ボディー言語は非常に重要です。波をキャッチするためだけに水を蹴ったり飛ばしたりする必要はありません。そして、あなたが悪いセッションをしているなら、スマイルを保ってください。怒鳴ったり、口論したり、ボードを殴ったりしないでください。それはひどい見た目です。14歳の時、バリ島で波に乗ったせいで殴られそうになり、そこにいた数人は私が彼をひっくり返していると思いました。次に私が知っていることは、彼が殴るのを防ぐためにボードを持ち上げています。「おい、私はただ波に怒っていました!」 サーフィンは楽しいですが、本当にイライラするスポーツであり、時には感情を最大限に引き出すことができます。しかし、あなたの近くに別の生きている魂がいるなら、そのようなものは自分自身に留めておくべきです。落ち着いて、冷静に、そして楽しんでください。そこにいるだけで感謝していることをローカルの人に示しましょう。

「海外のラインナップでの振る舞い方とは?」デーンレイノルズやカムリチャーズがアドバイスPhoto:Jeremiah Klein

 
メタファーになれ

デーン:それがバーであろうとバスケットボールコートであろうと、それは他の社会的状況と同じです。すでに遊んでいる人がいるなら、ただそこに飛び込んで、ボスになろうとしてそこを乱し始めてはいけません。道路上バーにバラバラに足を踏み入れた場合、ジュークボックスで好きなものをすぐに再生して、バー内のすべての女の子を叩き始めることはありません。頭を下げてビールを注文し、シーンを楽しんでください。そして、そこにいる誰かが悪い日を過ごしているなら、(笑)まあ、あなたはクマ(怖い人)を威嚇したくないかもしれません。楽しいから私達はサーフィンをしています。それを他の人と共有し、みんなに楽しい時間を過ごすように勧めることで、あなたの経験ははるかに良くなります。それは約束できます。

 
最高潮のままで

アラン:人里離れた目的地を専門とする20年間の情熱的な旅行者およびフォトジャーナリストとして、私は自分が作成した旅行や作成して公開されたコンテンツから、少なからぬ反発や批判を受けてきました。それは職務内容が記載されており、正直なところ、これらの旅行のいずれかをもう一度やらなければならない場合でも、何も変更しません。私がこれまでの道のりで学んだことが1つあるとすれば、サーファーは、一般的な人類のように、より多くの人と関わり、より多くを共有し、最終的にはより多くを愛する必要があるということです。それをするとき、人生は変わり、私たちは与えるよりもはるかに多くを受け取るからです。他の人が自分が手に入れられるものを探している間、真の人間は自分が与えることができるものを探します。

「海外のラインナップでの振る舞い方とは?」デーンレイノルズやカムリチャーズがアドバイスPhoto:Jeremiah Klein

「それはとても簡単です」とカムは最後に言います。”黙って笑顔になること。あなたが手に入れた最も白いボードと最も黒いウェットスーツを取り、あなたの番を待ちなさい。みんなに優しくして、ただクルーズしてください。」

 

◇参照元:“How to Behave in a Foreign Lineup:”

“This article is provided by Surfline. For more,  visit Surfline.com.”

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/