五十嵐カノア快進撃 ベスト8が決定! CT第2戦Hurley Pro Sunset Beach

2022/02/17 更新

ハワイ/アメリカ、オアフ島、サンセットビーチ(2022年2月16日水曜日)ーWSL(ワールドサーフリーグ) CT(チャンピオンシップツアー)の第2戦「Hurley Pro Sunset Beach」大会2日目、連日8〜15ftとヘビーコンディションの中、男子Round of 16(R16)までが行われベスト8が決定した。

 

五十嵐カノアは9.77pt叩き出しベスト8進出!

Hurley Pro Sunset Beach五十嵐カノア快進撃PHOTO: © WSL/ Tony Heff

オープニングラインドから1位通過と調子の良いサーフィンを見せつけたカノアはDay2でもその勢いを維持し、R32 (Round of 32)ではイマイカラニ・デヴォルツ(HAW)を破り、R16でジェドソン・アンドレ(BRA)と対戦に進んだ。

トータル12.56pt(6.33pt+6.23pt)で試合を優勢に進めるカノアはその日最高の波を掴むと凄まじいカービングターンからバレルをメイクしフィニッシュし、Day2最高シングルスコア9.77ptを叩き出し、トータル16.10pt(6.33pt+9.77pt)と大きくリードを広げ勝利してQF(クォーターファイナル)へと進出した。

五十嵐カノアCT第2戦もベスト入りPHOTO: © WSL

「着実な勝利です。皆、私たちが乗っている波を見ているだけですが、何本乗っているかは理解していないと思います。楽しくエキサイティングで、水の動きが激しいヒートの1つでした。できるだけ多くのレールを使い、2ターン目をした時にスネーク(ジェイク・パターソン)の言葉を思い出しました。「セクションをメイクできないと思ったらチューブを狙っていけ」って、その通りでした。」とカノアは勝利者インタビューでコメントした。

 

ケリーはR32で敗退! セスがランキングをリード

Hurley Pro Sunset BeachケリースレーターR32で敗退PHOTO: © WSL/ Tony Heff

開幕戦で優勝し、ランキングをリードする11x世界チャンピオン ケリー・スレーター(USA)はR32でマシュー・マクギヴレイ(ZAF)と対戦。

早い段階でエクセレント9ptを揃えたマシューにプレッシャーを感じたケリーは 波のピークから乗りボトムターンを始めようとした時、プライオリティーを持っていたジョン・ジョン・フローレンス(HAW)が同じ波にテイクオフするのに気づきプルアウト。しかしこれをジャッジはケリーが同じ波でジョンジョンを超えてサーフィンしたと見なしプライオリティーインターフェアを取られシングルスコアでの窮地に追い込まれた。

Hurley Pro Sunset Beachマシュー・マクギヴレイPHOTO: © WSL/ Tony Heff

既に12.83pt持っていたマシューはさらに6.67ptとバックアップをのばし、トータル15.67pt(9.00pt+6.67pt)でケリーに勝利した。

 
ケリーはジョンジョンに対しインターフェア CT第2戦「Hurley Pro Sunset Beach」

 

「ボトムターンをしようとしたらジョンがライン上にいると思いました。」とケリー。

「頭の中で全てのシナリオを解決しようとしました。ジョンを超えないと思っていましたが、彼がテイクオフする前にホワイトウォーターに覆われてしまいました。もし仮にホワイトウォーターに飛び込んだら、ジョンがパドルした時に当たるかもしれない、もしくは揉みくちゃにされるとも思いましたし、いずれにせよ間違った選択でした。 マットは既に9pt持っていましたし、その時点で敗退していました。スタートする前に終わっていた事でした。」

「良い事も悪い事もあるのがツアーです。 先週は優勝できて最高でしたし昨日はエリミネーションラウンドを勝ち進めました。しかし、ここであまりパフォーマンスができていませでした。サンセットは正直好きではなく、リスペクトできてない事が返ってきましたね。」と敗退後ケリーはコメントを残した。

 

Hurley Pro Sunset Beach ジョンジョンフローレンスPHOTO: © WSL/ Brent Bielmann

Hurley Pro Sunset BeachジョンジョンフローレンスPHOTO: © WSL/ Tony Heff

2x世界チャンピオンのジョン・ジョン・フローレンス(HAW)もこのR32でルーキーのジェイク・マーシェル(USA)に敗れ早くも姿を消すことに。

Hurley Pro Sunset Beach ルーキージェイクマーシェルベスト8進出PHOTO: © WSL/ Brent Bielmann

一方のジェイクは続くR16もコナー・オリアリー(AUS)を破り初のベスト8入りを決定させた。

Hurley Pro Sunset Beach セスムニーツ

CT開幕戦を準優勝してランキング2位につけるセス・ムニーツ(HAW)はR16でベテランのナット・ヤング(USA)を破り今大会もベスト8進出を果たした。これにより、ケリーよりランキングが上になる事は確実になった。

 

イーサン・ユーイング(AUS)は大会最高点18.24ptマーク

今大会最も高得点のスコアを繰り出していたのがR16のイーサン・ユーイング(AUS)とフィリッペ・トレド(BRA)の対戦。

Hurley Pro Sunset BeachフィリッペトレドPHOTO: © WSL/ Tony Heff
フィリッペは力強いスタートで5.33ptとすぐにテンポを奪おうとしたが、イーサンがチューブから2ターンを見せ7.50ptをメイクし、その後凄まじい2ターンで8.50ptをマークして大きくリード。

Hurley Pro Sunset BeachイーサンユーイングPHOTO: © WSL/ Tony Heff

フィリッペは、7.33ptをマークし、その後強烈な2ターンで9.17ptをメイクし逆転。しかし、イーサンはさらにバリエーションある強力な3ターンで9.67ptを出し再逆転に成功。トータル18.24pt(8.57pt + 9.67pt)とDay2の最高点を叩き出して強敵フィリッペから勝利を収めQFへと駒を進めた。

Hurley Pro Sunset Beach イタロフェレイラR32で敗退PHOTO: © WSL/ Brent Bielmann

Hurley Pro Sunset BeachイタロフェレイラR32敗退PHOTO: © WSL/ Brent Bielmann
東京オリンピック金メダリストのイタロ・フェレイラ(BRA)はR32でバロン・マミヤ(HAW)に敗退し17位で今大会を終えた。

Hurley Pro Sunset Beachカイオ・イベリQF進出PHOTO: © WSL/ Brent Bielmann

ブラジル勢はフィリッペやイタロなどが早くも敗退する中、怪我のリプレイスで出場しているカイオ・イベリ(BRA)は昨年CTランク4位のコナー・コフィン(USA)をR32で破り、R32ではコロへ・アンディーノ(USA)を倒し開幕戦に引き続きベスト8入りを決定させた。

 

Day2ハイライト映像 CT第2戦「Hurley Pro Sunset Beach」

 

続く CT第2戦「Hurley Pro Sunset Beach」男子QFマッチアップ

CT#2 HurleyPro Sunsetbeachベスト8決定

ヒート1:カイオ・イベリ(BRA)vsイズキール・ラウ(HAW)
ヒート2:バロン・マミヤ(HAW)vs セス・ムニーツ(HAW)
ヒート3:イーサン・ユーイング(AUS)vsジェイク・マーシャル(USA)
ヒート4:ジャック・ロビンソン(AUS) vs 五十嵐カノア(JPN)

 
▼CT第2戦「Hurley Pro Sunset Beach」
https://www.worldsurfleague.com/posts/496342/its-on-day-6-of-the-2022-hurley-pro-sunset-beach

▼WSL(ワールドサーフリーグ)
https://www.worldsurfleague.com

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/