[WSL]昨年のチャンピオンであるガブリエル・メディーナが初戦を辞退すると発表!

2022/01/26 更新

Photo:WSL

2022年1月24日、過去3度のWSLチャンピオンであるガブリエル・メディーナ(BRA)が、2022年WSL チャンピオンシップツアーの開幕戦を辞退することを発表しました。

“ここ数ヶ月は個人的に難しい時期で、それが負担になっています “と、メディーナは語り、”そのため、2022 WSL チャンピオンシップツアーのスタートから辞退することにしました。私はフルシーズンを戦うつもりでしたし、医学的にも(休暇中にCOVIDの予防接種を受けました)、精神的にも肉体的にも全ての準備をしてきましたが、今の私は世界最高のサーファーを相手にパフォーマンスを発揮できると信じられる状態ではなく、自分の健康に焦点を当てる必要があります。いつまでかかるか分かりませんが、準備が整い次第、チャンピオンシップツアーに復帰することを目指します。皆さんの継続的な愛とサポートにとても感謝しています。できるようになったら、また戻ってきます。愛を込めて。”

WSLのCEOであるエリック・ローガンは、「アスリートの健康と安全が最も重要であり、我々はガブリエルが自分の健康を優先させるという決断を完全にサポートします」と述べました。「私たちは、シーズンを始めるにあたって、世界最高のサーファーをファンの前に送り出したいと思っていますが、彼の決断を尊重することは確かです。2022年のCTキックオフであるBillabong Pro Pipelineに、現役の世界チャンピオンがいないのは明らかに寂しいですが、彼の準備が整い次第、ここに戻ってくることを歓迎します “と述べました。

「ガブリエルは私たちのナンバーワンサーファーであり、彼が個人的にもプロフェッショナルとしてもベストな状態に戻れるように私たちは何でもします」とリップカールのチーフマーケティングオフィサー、ニール・リッジウェイは言いました。「多くの世界チャンピオン・スポーツ選手にとって、最高レベルで勝利することのプレッシャーは大きく、オリンピックとWSLチャンピオンシップツアーは、成功するための厳しい坩堝です。我々は、多くの素晴らしい世界チャンピオン・サーファーの浮き沈みを見てきており、ガブリエルが完全に回復し、WSLシーズンの後半で暴れる準備をする計画を100%サポートしています。また、彼の多くのファンに言いたいのは、もしあなたが肉体的、精神的に苦しんでいるのなら、手を差し伸べて助けを求めてもいいし、パンデミックの間に本当に注目された世界中の多くの組織から助けを求めてもいいということです。もうひとつは、もっとサーフィンをすることです。海は偉大なヒーラーであり、ガブリエルは回復の一環としてラインアップに参加することでしょう。私たちは彼の健康を祈っています。

Medinaは、2022年のBillabong Pro PipelineでCaio Ibelli(BRA)と交代する予定です。

◆World Surf League
https://www.worldsurfleague.com/

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/