【速報】2021年CT世界チャンピオンはガブリエルとカリッサに決定!

2021/09/15 更新

WSL(ワールドサーフリーグ)2021 サーフィン世界最高峰のCT(チャンピオンシップツアー)の最終戦『RIP CURL WSL FINALS(リップカール WSL ファイナル)』は日本時間9/15(火)に開幕。

男子のタイトルマッチはガブリエル・メディーナ(BRA)とフィリッペ・トレド(BRA)の対戦。
3回のタイトルマッチが行われ、先に2勝した方が世界チャンピオンになる。ブラジリアン対決となったチャンピオン争いは、ガブリエルがフィリッペに2勝し、3回目の世界チャンピオンに輝いた。

女子のタイトルマッチは金メダリストのカリッサ・ムーア(HAW)とタティアナ・ウェストン・ウェブ(BRA)の対戦。

カリッサとタティアナ共に1勝をあげ、3回目のタイトルマッチまでもつれ混んだ世界チャンピオン争いを制したのはカリッサ・ムーア。5回目の世界チャンピオンを勝ち取った。カリッサは今年東京オリンピックで金メダル、そしてCTで世界チャンピオンに輝く快挙をあげた。

▼CT最終戦『RIP CURL WSL FINALS(リップカール WSL ファイナルズ)』

https://www.worldsurfleague.com/posts/482362/rip-curl-wsl-finals

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/