ショートからフィッシュまで「どのフィンがどのボードに最適か?」

2021/08/06 更新

ショートボードからフィッシュまでどのフィンがどのサーフボードに最適なのか?

サーフボード購入に必要な現金を節約して、シェイパーが全ての工程を完了したら、ついにニューボードを手に入れられます。

しかし、ここで新しいサーフボードにどのフィンが1番マッチするのか理解する事は難しい問題です。あなたはフィンがどのように機能するか知るために研究し、 どのフィンがどの種類の波で最もよく機能するかを学びました。そして今、あなたはどのフィンデザインがこの特定のタイプのサーフボードに適切であるかを知る必要があります。

サーフボードのフィンを考えることに多くの時間を費やした専門家の力を借りました。FuturesFins(フューチャーフィン)の共同創設者であるVince Longo(ヴィンス・ロンゴ)、TrueAmes(ツルーアムス)のクリエイターであるChuck Ames(チャック・アムス)、そして長年のFCSチームライダーでフィン達人からプロになったRichie Lovett(リッチー・ロベット)が質問について答えていきます。

しかし、本題に入る前に、1つの注意点があります。すべてのサーファーには好みがあり、あるサーファーに対しては良い意見でも、別のサーファーに対しては、悩みの要因になる可能性があることを認識しています。これは破られないルールではありません。ただフィンを最もよく知っている専門家からのアドバイスです。

 

標準のショートボード

Mick FanningPhoto:Jeremiah Klein

Chuck Ames(CA):普段毎日使うサーフボードであれば、おそらく中間のボードが欲しいでしょう。それはあなたのサーフィンのやり方にも関係してきます。もしビックカービングのサーフィンを好むなら、よりレーキ(フィンのフロントエッジが後方に弧を描く距離)のあるものが必要になります。トップからボトムにより早く行くことを好む場合は、レーキを少なくする必要があります。どんな種類のサーフィンが好きかわからない場合は、中間のフィンで始めてください。

例をあげると、リンコンでデーン・レイノルズとコナー・コフィンのサーフィンを見てください。2人はまったく異なるスタイルです。デーンはよりベース(フィンの底辺)があり、より直立したフィンに乗っているので、トップからボトムに行くことができます。一方でコナーはよりレーキがあるフィンに乗っています。それにより、コナーは長く引っぱったトム・カレンスタイルのターンを可能にします。これらは2つの明確に違うスタイルですが、正しい答えはありません。

しかし、スラスターのセットアップでほとんどの人が同意することの1つは、とても柔らかいフィンが必要ないということです。

標準的なショートボードフィン左から順に:(左)Futures AM2 Techflex、FCS Carver PC Carbon、(右)True Ames Channel IslandsMedium。

Vince Longo(VL):ボードにロッカーがたくさんあると、よりレーキがあるフィンの方が調子が良いです。それはあなたのターンに、よりロッカーがあることで失うであろう、より多くのプロジェクションを加えてくれます。もしフラットロッカー気味のハイパフォーマンスショートボードを使用する場合は、よりピボット性が高いフィンが必要になります。フレックス性に関しては、波がパワフルになればより硬いフィンで、波がソフトな時はより弾力性のあるフィンが必要になる場合があります。

Richie Lovett(RV):私は通常、FCSパフォーマーやアクセルレーターのようなニュートラルなテンプレートを選びます。しかし、テールロッカーが少し余分にある場合は、よりレーキがあるカーバー、ミックファニングフィン、ジュリアンウィルソンフィンを選びます。その理由は、ボードによりテールロッカーがあると、サーフボードからより多くのレスポンスが得られるが、コントロール性が犠牲になるためです。ロッカーが強いサーフボードでターンする事を想像すると、ボードのカーブのために、波にホールドするために十分なフィンがない場合はスキップアウトしてコントロールできません。よりロッカーが強いボードの場合、よりレーキがあるフィンであればあなたをロックしてくれます。

 

グロベラー

Photo:Jeremiah Klein

VL:標準のショートボードと同じように、ロッカーが少なければ少ないほど、フィンに必要なレーキも少なくなります。それは本当にライダーの個人的な好みによりますが、あなたが好きなテンプレートを見つけたら、条件に基づいて微妙な調整を行うことができます。

RL:ロッカーでフラットになるほど、フィンに必要なレーキが少なくなります。グロベラーはスピードと直進性に優れていますが、欠点は、ターンの能力が失われることです。レーキの少ない、より直立したフィンを使用して、回転能力の不足を補う必要があります。

グロべラーフィン左から:(左)FCS II Reactor PC Carbon、True Ames Timmy Patterson Small、(右)Futures P6 Legacy

CA:グロベラーは一般的に小さめで、ハイパフォーマンスの波用ではありません。したがって、ベースが少し大きめ、先端が少なめのフィンを使用すると、フィンの抵抗が得られ、良い乗り味を体感できます。よりパワーのない小波に適していて、そういうコンディションであなたは、自分自身を動かすためにプッシュできることを望みます。パワーのない波は押してくれないので、自らスピードをつける必要があります。ベースはドライブするために非常に重要です。フィンのベースがなければ、先端だけからでは波の抵抗を得てドライブできません。先端にレーキがあり過ぎると、実際にドライブ感は失われます。波のパワーをより感じたい時は、少しフレックス性があり、よりレーキが強めのフィンが適しています。

 

ステップアップ

Photo:Jeremiah Klein

RL:ステップアップに乗っているときは、ニュートラルのフィンを選びます。そして個人的には、コンケーブではなく、フラットなインサイドフォイルを選びます。サイドフィンはフラットフォイルがあるものが好きです。そして、私はフィンに頼るのではなく、サーフボードが仕事をすることを可能にするニュートラルレーキを好みます。フィンは、ボードを行きたい場所へガイドするためのものです。ステップアップの狭めのテールでは、ボードはどのように波上でパフォーマンスするのかに影響します。

CA:まず、かなり頑丈なフィンが必要です。硬めのファイバーグラスのようなものと、少し柔らかいヘックスコアのようなもの。ファイバーグラスは、必要に応じてフレックスしてくれ、ライディング中にドライブする時や強くプッシュする時は剛性を可能にします。良い性質のフィンを使い、既製のプラスチックフィンのようなものに乗らないでください。フィンの形に関しては、サーフィンのスタイルによって異なります。レーキが強めのフィンを嫌う人もいれば、それを好む人もいます。

ステップアップ用のフィン左から:(左)John John(M)Techflex、True Ames Danny Hess Noriega Quad、(右)FCS II AcceleratorPCCarbon。

VL:それはあなたが波のサイズによって、どのサイズのボードを使うか変わってきます。私がガンのようなボードを使うなら、レーキに基づいたピボットフィンをより使うでしょう。ガンなどを使う場合は、より柔軟なフィンを使用してルースさせる事もできます。それはステップアップをターンさせやすくさせてくれます。しかし、すべてのボードが必要な場合は、本物の頑丈なファイバーグラスフィンを使用します。

 

フィッシュ

Photo:Jeremiah Klein

CA:ほとんどのツインフィンフィッシュでは、より低いアスペクトのフィンが必要になります。つまり、それは深いレーキではなく、多くのベースで幅広いエリアを意味します。それは、よりプッシュして進んでいくための多くのフィン領域を作ってくれます。これらのフィンやフィッシュは一般的にスピンアウトする傾向があります。スラスターのようにサーフィンしようとすると、うまく乗れません。うまく乗れるようになる理由は、大きなエリアが平均的なサーファーを簡単に操れるようにしてくれるためです。時代を超越したスティーブ・リスのフィンがあり、それらは比類のないものです。つま先がないので、ストリンガーに合わせます。それらはトップからボトムまで凄いスピードが出ます。しかし、そのデザインは、スピード性重視のためレールサーフィンが犠牲になります。

ツインフィン左から:(左)FCS II Mark Richards Twin,True Ames Hobie Fish、(右)Futures Machado Twin.

VL:ここで少し注意が必要です。通常、フィッシュに乗るときは、かなりのスピードが発生します。また、弾力性を持たせるために、カーボン性の柔軟なフィンが欲しくなってくるでしょう。しかし、多くの場合、フィッシュは弾力性のあるフィンではワイルドになりすぎる可能性があります。それが起こるとき、あなたはより硬めのフィンをフィッシュに使う必要があるでしょう。ボードにもよりますが、原則として、柔らかくてしなやかなフィンから始め、少し感度が高すぎる場合は、より硬いフィンに調整します。

RL:伝統的なツインフィンでは、MR(マーク・リチャーズ)テンプレートよりもうまく機能するフィンはほとんどありません。フィッシュには2種類あります。より伝統的なキールフィッシュがあります。より広めなテールで、キールフィンがうまく機能します。次に、MRのようなよりモダンフィッシュの形については、パワーツインまたはMRセットアップを使用するのが好きです。MRはツインフィンのセットアップについて誰よりも知識が豊富で、彼がそれを導入して以来、MRテンプレートが独占的だったと思います。レーキに関しては、MRのフィンは真ん中です。これは、パフォーマーのテンプレートと同等です。

 

クワッド

Photo:Jeremiah Klein

RL:パイプやチョープーのような、掘れ上がったバレルの波の場合は、50/50フォイルのリアフィンを使用するのが最善の方法だと思います。しかし、ハイブリッドボードでクワッドセットアップに乗りたい場合は、フロントにニュートラルフィン、バックに80/20フォイルが必要だと思います。そのセットがベストだと思います。-それはあなたにクワッドの自由に流れるスピード性と、リアフィンがあっても十分なターン能力を与えます。一方、50/50のリアフィンは、バックフィンのフォイルとは対照的に、より直進性に優れています。

VL:クワッドを持っている人に伝えたいのは、通常のスラスターのフロントフィンを好きなようにつけ、クワッドに移行する時は、後部のフィンを購入することです。次に、後部フィンのサイズとフォイルを変更できます。あなたが対称的なフォイルの後部フィンを持っているとき、ライン上を少し良く走る傾向があります。しかし、もう少し整えたい場合は、後部にフラットなフォイルフィンを付けることができます。硬くしたい場合は、より多くのレーキを備えた弾力性の低いフィンに変えます。もっとルースしたい場合は、より柔軟でよりピボット形状のフィンを使用します。

クワッド用フィン左から:(左)FCS II Performer Neo Glass Quad、Futures Legacy F8 Quad、(右)True Ames Tyler Warren Quad.。

CA:私たちはダニーヘスとたくさん仕事をしてきました。彼はオーシャンビーチとマーベリックのような人です。彼はフロントフィンはスラスターサイズのように少し大きめで、バックフィンはそれと比べるとかなり小さいクワッドテンプレートを持っています。それは2つの大きな違いです。もう1つのセットアップにティミーパターソンのクワッドセットアップがあります。これは非常に人気があります。そして、それらはサイズの点では、より狭い範囲を持っています。誰でもそのセットアップに乗ることができ、大きな波だけでなく、さまざまな波のバリエーションで使用できます。バランスのとれたフィンです。それらにはいくらかのフレックス性があり、レーキに関しては中間くらいです。

 

◇参照元:“Gear Insider: Which Fins Work Best? (Part 1)”

“This article is provided by Surfline. For more,  visit surfline.com.”

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/