女子ベスト4 男子ベスト8が決定!五十嵐カノアと都筑有夢路は9位 CT第4戦「Boost Mobile Margaret River Pro」

2021/05/06 更新

PHOTO: © WSL

5/6(木)、オーストラリア西オーストラリア州(WA)で開催しているWSL(ワールドサーフリーグ)2021 サーフィン世界最高峰のCT(チャンピオンシップツアー)第4戦 「Boost Mobile Margaret River Pro(ブーストモバイル マーガレットリバープロ)は、大会5日目を迎え、男子ベスト16と女子ベスト8の試合が行われた。

波は初日に比べて6〜8フィートとサイズダウンしてきているものの、クリーンで形良いダブルオーバーの波は健在。そんな中、ファイナルデーへの生き残りを賭けて、世界トップサーファー達による壮絶なバトルが繰り広げられた。

セス・ムニーツ(HAW)がガブリエル・メディーナ(BRA)を下しベスト8進出!

R16ヒート5で、全試合優勝し、CTランキングをリードするガブリエル・メディーナ(BRA)が登場し、セス・ムニーツ(HAW)と対戦。

PHOTO: © WSL / Miers

ガブリエルはオープニング6.0ptを出して、順調なスタートと思われたが、その後ミスを連発し、バックアップのスコアがなかなか揃えられない状況。

PHOTO: © WSL / Miers

その間にミッドレンンジのスコアのトータル9.84pt(5.17pt+4.67pt)を揃え逆転に成功したセスがそのままリードした形でガブリエルに勝利し、ベスト8進出を果たした。

五十嵐カノアは9位

Round of 16(R16)のヒート6から登場した五十嵐カノア(JPN)はマシュー・マクギリヴレイ(ZAF)と対戦。

オープニングからマシューのドロップインをしてしまったカノアは、インターフェアを取られ、2本中1本のスコアが半分になってしまう不利な状況でスタート。

PHOTO: © WSL / Dunbar

マシューが先にトータル10.50ptと揃えて試合をリード。

PHOTO: © WSL / Dunbar

グッドスコア6.5ptを揃えるカノア、その後も3マニューバーを決めてエクセレントに近い7.83ptを出して差を縮めるも、インターフェアで半減されるスコアは逆転に大きく影響。
試合終了間際には、マシューがとどめの4発のビックマニューバーで6.77ptをスコアし、トータル12.77pt(6.00pt +6.77pt)でQF(クォーターファイナル)への進出を決めた。

カノアはインターフェアしていなければ勝てていた試合だけに惜しいヒートとなり、9位でフィニッシュ。

PHOTO: © WSL / Dunbar

イタロ・フェレイラ(BRA)は最高点をマーク!

本日5/6に誕生日を迎えたイタロ・フェレイラ(BRA)は、R16ヒート7でカイオ・イベリ(BRA)と対戦。

PHOTO: © WSL / Dunbar

イタロはパンチあるバックハンドのマニューバーを連発し、エクセレントを2本揃えてトータル16.57pt(8.17pt +8.40pt)とカイオを圧倒。Day5の最高点を叩き出しQF進出した。

現在CTランキング2位につけるイタロは、この試合を優勝できれば、再びカレントリーダーの座に返り咲く。

PHOTO: © WSL / Dunbar

オーストラリアンレッグ前2戦で結果を残せなかったジョン・ジョン・フローレンス(HAW)は現在CTランキング3位につけ、今大会ではR16ヒート1でピーターソン・クリサント(BRA)に勝利してベスト8入りした。

都筑有夢路(JPN)は9位でフィニッシュ!

PHOTO: © WSL / Miers

R16では、持ち前の良さを発揮できなかった都筑有夢路(JPN)は、ジョアン・ディフェイ(FRA)に敗れて9位という結果でフィニッシュ。

初戦でキャロライン・マークス(USA)を凌ぐグッドライディングを魅せた都筑は、この後どんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

都筑を破ったジョアンはQFでローカルヒーローのブロンティー・マカーリー(AUS)と対戦。

PHOTO: © WSL / Miers

オープニングはグッドターンを出すも、なかなかクリティカルなフィニッシュを決められず、スコアを伸ばせないジョアン。

PHOTO: © WSL / Miers

ブロンティーはトータル11.83ptの同得点ながらも、ローカルノレッジを活かたバックハンドマニューバーの6.83ptが決め手となり、SF(セミファイナル)へ進出を決めた。

PHOTO: © WSL / Dunbar

タティアナ・ウェストンウェブ(BRA)はエクセレント9.23ptを含むトータル16.23pt(9.23pt + 7.00pt)で2x世界チャンピオンタイラー・ライト(AUS)をCTキャリアの中で初めて破り、ベスト4へと勝ち上がった。

PHOTO: © WSL / Dunbar

QFヒート3で素晴らしいレールゲームを披露した4x世界チャンピオンのカリッサ・ムーア(HAW)はトータル14.57pt(8.57pt+6.00pt)でイザベラ・ニコルズ(AUS)を破りSF(セミファイナル)へ駒を進めた。

QFヒート4、7x世界チャンピオン ステファニアー・ギルモア(AUS)とサリー・フィッツギボンズ(AUS)のオリンピックのオーストラリア代表選手のマッチアップが実現。

PHOTO: © WSL / Dunbar

オープニングから波を掴みスコアしていくサリーだが、ステファンは波をじっくり待ち続け、2本目で形良いライトの波を捉えると、エクセレントスコア9.50ptを叩き出し逆転に成功。その後もバックアップ6.23ptを揃えトータル15.73ptでサリーに勝利し、準決勝進出。

PHOTO: © WSL / Dunbar

後半追い上げるサリーはトータル14.17pt(6.50pt + 7.67pt)と1歩及ばず今大会は5位でフィニッシュ。

残すところファイナルデーのみとなったCT第4戦「マーガレットプロ」。オーストラリアで勢いに乗っているブラジリアンストームの勢いを止められるのは果たして!? 白熱したヒートをお見逃しなく。

▼ 【ライブ配信はこちら】 CT第4戦「Boost Mobile Margaret River Pro」
https://www.worldsurfleague.com/events/2021/wct…

 

▼CT第4戦Boost Mobile Margaret River Pro 男子QF(クォーターファイナル)マッチアップ

ヒート1:ジョンジョンフローレンス(HAW) vs グリフィン・コラピント(USA)
ヒート2:ジョディー・スミス(ZAF) vs ライアン・カリナン(AUS)
ヒート3:セス・ムニーツ(HAW) vs マシュー・マクギリヴレイ(ZAF)
ヒート4:イタロ・フェレイラ(BRA) vs フィリッペ・トレド(BRA)

▼CT第4戦Boost Mobile Margaret River Pro 女子SF(セミファイナル)マッチアップ

ヒート1:ブロンティー・マカーリー(AUS) vs タティアナ・ウェストンウェブ(BRA)
ヒート2:カリッサ・ムーア(HAW) vs ステファニー・ギルモア(AUS)

 

マーガレットリバー(Margaret River)波情報

https://namiaru.tv/wave/namiDtl.php?lolaid=6536
・ベストシーズン:一年中
・ベストサイズ:4〜20フィート
・ベストスウェル: 南西-西
・ベストタイド: ロータイドーハイタイド
・ベストウィンド:

 

ボックス(The Box)波情報

https://namiaru.tv/wave/namiDtl.php?lolaid=125902

・ベストサイズ:4〜10+フィート
・ベストスウェル: 南、南西
・ベストタイド: 上げ込んでいるハイタイド
・ベストウィンド:

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/