WSL第2戦リップカール・ニューカッスルカップDAY1

2021/04/01 更新

Photo by Cait Miers/WSL
World Surf League(WSL)のCT第2戦リップカール・ニューカッスルカップはDAY1を終了した。
メンズに続きウィメンズも行われ、Seeding Roundのメンズ12ヒート、ウィメンズ6ヒートを消化。

久しぶりに豪華なツアーメンバーのライディングを観ることができ、かなり刺激を受けたサーファーも多いのではないだろうか。
第1戦を制した、ジョンジョン・フローレンス(HAW)は1位でラウンドアップし、タイラー・ライト(AUS)も、貫禄の1位で共にラウンド32に駒を進めた。
ジョンジョン・フローレンスPhoto by Matt Dunbar/WSL
ジョンジョン・フローレンスPhoto by Cait Miers/WSL

タイラー・ライトPhoto by Cait Miers/WSL
タイラー・ライトPhoto by WSL

また、五十嵐カノア(JPN)も無事ラウンドアップし、ラウンド32ではヒート11にクレジット。
五十嵐カノアPhoto by Matt Dunbar/WSL

ジョーディ・スミス(ZAF)もラウンド32へ進が、ジュリアン・ウィルソン、ジャック・ロビンソン、オウエン・ライトやマイキー・ライトのオーストラリアチームは、Elimination Roundに進んだ。
ジョーディ・スミスPhoto by Matt Dunbar/WSL

ジュリアン・ウィルソンPhoto by Matt Dunbar/WSL

ウィメンズは、過去7回ワールドチャンピオンに輝くステファニー・ギルモア(AUS)は、小波ながらセットを選ぶとスイッチが入ったライディングを見せ、断トツでラウンド16へ。
サリー・フィッツギボンズ(AUS)、カリッサ・ムーア(HAW)もラウンド16へラウンドアップし、マリア・マニュエル(HAW)や、シーガ・エリクソン(USA)らはElimination Roundへ回った。
ステファニー・ギルモアPhoto by Matt Dunbar/WSL

サリー・フィッツギボンズPhoto by Cait Miers/WSL

カリッサ・ムーアPhoto by Cait Miers/WSL

日程的には余裕を持って進んでいるので、サイズダウンが予想される明日はDay OffになるかもしれないがDAY2が待ち遠しい!

◆World Surf League
https://www.worldsurfleague.com/

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/