WSLがオーストラリアンレッグを再修正し4試合に!

2021/02/19 更新

©️WSL
2021年2月16日に、World Surf League(WSL)は、チャンピオンシップ・ツアー(CT)のオーストラリアンレッグのスケジュール最新版を確認し、ノースナラビーン(NSW)で開催される3つのイベントを発表した。
その3つとは、ノース・ナラビーン(NSW)、マーガレット・リバー(WA)、ロットネスト・アイランド(WA)。
©︎WSL/Margaret River

合わせて、予定されていたコロナ・オープン・ゴールド・コーストとリップカール・プロ・ベルズ・ビーチのキャンセルを発表した。

2021年のオーストラリアのレッグのWSLチャンピオンシップツアー。すべてのツアーの開催地と日程は、グローバルな旅行制限を含む、コロナ関連の制限により変更される場合があります。

オーストラリアンレッグは4月と5月の両月で開催される。

•リップカール・ニューカッスル・カップ pres. by Corona. 4月1日~11日
•リップカール・ナラビーン・クラシック pres. by Corona. 4月16日~26日
•ブーストモバイル・マーガレットリバー・プロ pres. by Corona. 5月2日~12日
•リップカール・ロットネスト・サーチ pres. by Corona. 5月16日~26日

WSLは、事前に承認された検疫バブルの承認を受けて、オーストラリアのCTイベントをニューサウスウェールズ州と西オーストラリア州に集中させることにより4つの大会を開催することになる。

1戦目のニューカッスルは、35年以上のプロサーフィンの歴史がありプロサーフィンの中心地メレウェザービーチで開催。
2戦目は、ニューカッスルと同様にサーフィン界の大物を輩出している豊かな歴史があるノース・ナラビーンで開催。
3戦目は、選手にとってもサーフィンファンにとっても馴染みの深いマーガレットリバーで開催。
4戦目は、手つかずの自然が残るロットネスト島で開催。
バラエティーに飛んだ4ヶ所で開催される運びとなる。

©︎WSL/Longreach Bay, Rottnest Island

また、世界的なサーフブランドであるリップカールは、ニューカッスル、ノースナラビーン、ロットネストアイランドといった3つのイベントのネーミング・ライツ・スポンサーとなった。

新型コロナウイルスに関連して、世界的な渡航制限を含む制限が適用されるため、すべてのツアーの開催地と日程は変更される可能性があるので注意しよう。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/