レジェンド、デレク・ホーが心臓発作のため急死。55歳だった。

2020/07/20 更新

Photo: Billy Watts

ハワイアンで初のワールドチャンピオンを獲得したデレク・ホーが心臓発作のため急死。55歳だった。

ハワイ現地時間17日、元世界チャンピオンのデレク・ホーが急死したという訃報が飛び込んだ。
55歳のデレクは17日の金曜日に心臓発作を起こし、昏睡状態にあった。

ハワイアン初のワールドチャンピオンを獲得したデレクは、マイケル・ホーの弟でメイソン・ホーとココ・ホーの叔父にあたる。

デレクはパイプマスター2回、トリプルクラウン4回という素晴らしい偉業を成し遂げ、1993年にはハワイアン初のタイトルを獲得。
今年の1月には元気にパイプを攻める姿を見せてくれていたのに残念でならない。

ご冥福をお祈りいたします。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/