パイプラインマスターズを終えて

2010/12/23 更新

ハワイ・オアフ島のノースショアで12月8日~21日期間のウェイティングピリオドを設け開催されていた“ヴァンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィング presented by ロックスター・エナジー・ドリンク”の最終戦、ASPメンズワールドツアー最終戦でもある『Billabong Pipe Masters in Memory of Andy Irons』。
先週今年の2010年ASPツアー全てが終幕。パイプマスターは史上初のヨーロピアン選手フレンチボーイのジェレミー・フローレス(FRA)の優勝、トリプルクラウンは3年連続でジョエル・パーキンソン(AUS)が獲得した。

今年のノースの波は昨年と比べてしまうと、とても小さくウェイティング期間には何度も大会のキャンセルがコールされた。スウェルの向きのディレクションもノースが強く、ウェスト寄りのスウェルは殆ど入らなかったと言える。
そのせいもあるし砂もしこたま溜まってしまったパイプラインは全く割れず、バックドアマスターズになってしまった事は言うまでも無い。それでも大会中にパイプが少し口を開くと、すかさずケリーはチューブを抜ける1本もあった。

波が小さい事が原因!?では無いかもしれないが、今回はハワイアンの活躍が少なかった。唯一会場を沸かしたのはミック・ファニング(AUS)を敗ったマウイ在住のダスティ・ペイン(HAW)くらい。ワイルドカーダーのデヴィット・ワッセル(HAW)も、ローカル期待のジョン・ジョン・フローレンス(HAW)も、中堅のフレッド・パターチア(HAW)もR3で敗れてしまったし、R1で殆どのベテランハワイアンのワイルドカーダーが敗れてしまった事も要因だろう。でもそれは裏を返せば本領を発揮出来る波が十分無かったからなのかも知れない。

いざ始まったコンテストディは本来ならビーチが人で埋め尽くされるのだが…今回は中腹のビーチで観ようものなら岸に砂が溜まってて全く波も選手も観えないので、ギャラリーは波打ち際ギリギリにスタンバイして一列体勢で試合を観戦していたのも印象的。
更にケリーが登場すると凄い人だかりが出来ていて熱狂的なブラジリアン達がケリーを取り囲んでいた。2番目の人気は..ロブ・マチャド(USA)かな。
更に老若男女問わず、凄いカメラマンの数。本当のPRESSはあの中の誰!?と言うくらい。それも凄く高そうな望遠カメラをオジィチャン・オバァチャンも持ってて、リュックを背負って登山にでも行く様な格好をして夜明けからスタンバイして写真バシバシ撮ってるんです。

優勝こそ逃し準優勝となったキーレン・ピロウ(AUS)33歳は、ジェレミーが22歳だから約一周りも年齢差があるが、今大会キーレンはジェレミーにもケリーにも負けず劣らず素晴らしいバレルライドをバックドアで毎ヒート披露していた。
だって、彼の大好きは波はオーストラリアのレノックスヘッズと、何と言ってもハワイのオフザウォールと言うんだから。
パイプマスターズが始まる前からノース入りして、誰も居ない朝一から毎日の様にバックドアでセットしていたと言うKP。継続は力なりだ。

更に出場のWT選手は殆どTOKOROサーフボードに乗っていた。やはりハワイならTOKOROなんだろう。シェイパーのウェイドも今回はジェイミー・オブライエンハウスでじっくりとパイプマスターズを観戦していた様だ。ウェイドには少し話しも聞けたので、次回特集してお伝えする。

そう言えば、表彰式は故アンディ・アイアンズへの黙祷が1分間捧げられた。
本来は追悼コンテストと言う事もあって、パドルアウトセレモニーが開催される予定だったのだが、結局はキャンセルされてしまった。理由は定かでは無いが、家族も選手も皆乗り気では無かったらしい。
忘れたいとかでは無くて、もうアンディは海へ還ったでしょ…と言う想いからなのではないだろうか。

あと今回は会場のDJがとても素晴らしかった。多分世界中に流されるLive中継のMCとは違う人。観客の期待に答えるMCとでも言おうか。日本人や他国の人にも判り易い滑舌の良い英語と、会場を魅了させるテンポ良いコメント。
今回逆転劇のヒートが多かったので、逆転したか否かのジャッジスコアに皆ワクワクして聞いていると、それに答えるかの様に「レディース&ジェントルマン~」から始まるアナウンスにもとても興奮させられた。是非一度皆さんも海外で生のASPコンテストを観戦してみて欲しい!なみある?で観戦ツアーでも企画したら、皆さん参加してくれるかな。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/