【自宅でサーフィントレーニング】オススメのバランスボード3選!

2020/06/05 更新

 

いま、世界中のサーファー達が、自宅で出来るサーフトレーニンググッズとして『バランスボード』に注目している。
海に行けない時もバランスボードが1枚あれば、家のリビングでサーフィンに必要な体幹を強化することができ、ライディングのイメージトレーニングを行うこともできる。
バランスボードにも様々な種類があるので、ショート・ロングボーダー、イメージしているライディングスタイル、家のリビングの広さなどを考慮して、自分にあったお気に入りのバランスボードを見つけよう!

 

INDO BOARD(インドボード)

INDO BOARDは、ワールドツアーに参戦するプロサーファーや、アメリカのサーフスクールの80%が取り入れている大人気のオフトレグッズだ。家にいながらもバランス感覚を重点的に鍛えることが可能で、1日15分間、2週間続けるだけでライディングやトリックに効果が現れ、サーフィンのイメージトレーニングに最適だ。サーフィンだけでなく、スノーボード、スケートボードなど、あらゆるスポーツに重要なバランス能力を鍛えられる。他にも、インナーマッスル強化、体幹強化で基礎代謝アップ、体の歪み改善などの効果も期待できる。ボードのデザインも豊富なので、家のインテリアに合わせて選ぶのも楽しそうだ。

 

 

 

GOOF BOARD(グーフボード)

GOOF BOARDは、サーフィンのレールワークのトレーニングに最適で、波のフェイスをトリミングしてフェイスを落ちていく感覚を家のリビングでシミュレートできる。クラシックモデルはロングボーダーを意識してデザインされているが、もちろんショートボーダーのトレーニングにもOK。GOOFBOARDによってパーフェクトなスタイルとフロウで無限のライディングタイムを得ることができるのだ。素材は南カリフォルニアで持続可能な竹の合板とリサイクルコルクを使用して設計、切断、製造されている。コルクの木の樹皮は9年ごとに収穫され、再成長し、コルクの収穫のために伐採されることは無く、収穫されたコルクの木は、収穫されていない木よりも3〜5倍多くのCO2を吸収する。コルクの森には135種以上の植物種と42種の鳥類が生息しており、その多くは絶滅の危機に瀕しているので、GOOF BOARDでサーフトレーニングを行うことは、森林とその中に生息する種の保護に間接的に役立っている。

 

 

CHANGO BALANCE BOARD(チャンゴバランスボード)

CHANGO BALANCE BOARDは、他のバランスボードに比べてコンパクトサイズなので、一人暮らしなどで家のスペースが広くない方でも使いやすく、持ち運びも容易で、手軽にいつでもどこでもサーフトレーニングを行うことができる。支点が球状になっていて、360°に重心をかけることが可能なので、自分であらゆる動きに対応したインナーマッスルを鍛えることが可能だ。値段もリーズナブルで求めやすく、サーフィン仲間へのプレゼントなどにもオススメだ。

 

 

 

▼国内通商株式会社ビーチカルチャー
http://www.beachculture.co.jp 

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/