Surfing Californiaが3年ぶりに3月30日発売!

2020/03/26 更新


Blue.が長きにわたり取材を重ね続けてきた聖地、カリフォルニアの記事を一冊にまとめたスペシャル・エディション『Surfing California 3』。
3年振り、 3冊目となる今作はBlue.41~55号の記事を中心にピックアップ!。
Blue.らしく、さまざまな角度からカリフォルニアとサーフィンの蜜月を見つめた秀作ぞろい。

大きな影響を受けてきたカリフォルニアにとって、サーフィンとはどんな存在なのか。
そしてサーフカルチャーとはなにか。

ローカルたちが代々受け継いできたカフェ、継承されるボードデザイン、その地の歴史を象徴するミュージアム、やんちゃな出る杭たちを愛でるレジェンドたち・・・
これを読めば、カルチャーという言葉の真意に少しだけ触れられるかもしれない。

きっと今日も青空の下、カリフォルニアのサーファーたちはお決まりのカフェで買ったコーヒーを片手に、波チェックしながら仲間たちとワッツアップしているでしょう。
ポケットにiPhoneがあること以外は、50年前のサーファーたちとなにも変わらない笑顔で。

この一冊は末永く保存する一冊となりそうだ。

コンテンツ

ホットロッド&チョッパーでカリフォルニアを縦断

FREAK’S STORE TOUR

アップサイクルってなんだ?

UPCYCLE STORY

市東重明が巡るSO-CALサーフシーン
SHIGE MEETS SO-CAL CULTURE

サーフとカフェのいい関係
SURF & CAFE

モラスクが招く原生林のフェスティバル
MOLLUSK JAMBOREE

口コミで広がったハンドメイド・スケートボード

DL SKATEBOARDS

わが道を行く趣味人たち
SEAWEED & GRAVEL

サーフカルチャーとは何かを知る

A STUDY OF SURF MUSEUMS

個性派アーティストたちの美学
THE PHENOMENAL

彼らは職人か、それともアーティストか
ARTIST & ARTISAN’S FILE

サンディエゴの正当な血統を継ぐシェイパー

JOSH HALL

カリフォルニアのサーフカンパニーに潜入
RVCA/BRIXTON

ボードデザイン、その少し先の未来
FUTURISTIC DESIGNS

次世代の旗手アンディ・ニエブラス
ANDY NIEBLAS

個性派フィルムメーカーの感性
JACK COLEMAN

トラビス・レイノルズという特別な才能
TRAVIS REYNOLDS

未来を担う若きボードビルダーたち
INDEPENDENT BOARD BUILDERS

ハサミひとつで旅をする夢

CUTBACK TO CALIFORNIA

Surfing California3
2020 年3月30日On Sale
¥1.818+tax

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/