Surf Stadium Japanが静波に世界クラスのサーフィン施設「ウェイブプール」の建設を開始

2020/02/28 更新

サーフスタジアムジャパン社(SSJ)が静波にワールドクラスのサーフィン施設パーフェクトスウェル®の建設を2020年6月のオープンに向けてスタート!

photo: フレッドポンパマイヤー Surfer: イアン・ゲンティル

SSJはこれまで以上に観客をアクションに近づけるアリーナを作り出す予定。

American Wave Machines, Inc.(AWM)は、静波のSurf Stadium Japan株式会社(サーフスタジアムジャパン、SSJ)とのプロジェクトを発表した。このプロジェクトは進行中で、2020年6月にサーフィンが楽しめると期待されている。このプロジェクトの場所は静岡県牧之原市の近くで、米国とその他のサーフィンチームのトレーニング施設の受け入れ地として選ばれた。

SSJ は、急速に拡大中の熱心なサーフィン・コミュニティーを育成するのに加えて、競争力の高いトレーニングを推進するための世界最高のパフォーマンスウェイブプールであるPerfectSwell(R)技術を選んだ。

SSJの安達俊彦代表取締役は「このプロジェクトは4年がかりの構想の実現だ。われわれの目標は常に牧之原での深くて力強いサーフカルチャーへの貢献だ。このプロジェクトでわれわれは、レジャーとしてのサーフィンの提供によりサーフィン・コミュニティーを拡大し、同時にアスリートの開拓に貢献することができるだろう」と述べた。

日本サーフィン連盟の井本公文理事は「近い将来、ウェイブプールはオーダーメードの波の連続造波により、最適トレーニングのとても重要な部分となるだろう。PerfectSwell Surf Stadium Japan(パーフェクトスウェル・サーフスタジアムジャパン)は、国際的なサーフィンチームに、海と似た波の自然なセットと海で見られるセット間隔により、海の条件に近似した環境の中でトレーニングする機会を提供するだろう」と述べた。

AWMのブルース・マクファーランド最高経営責任者(CEO)は「われわれは2020年五輪にサーフィンが承認されたときの取り組みの水準をよく知っている。国際サーフィン連盟のこの素晴らしい達成に脱帽したい。」と述べた。「サーフィンは日本で世界の舞台に上るだろう。AWMはSSJの明確なビジョンとともに活動し、地方と世界のサーフィン・コミュニティーの成長に参加することを極めて光栄に思う」と述べた。

Surf Stadium Japan(サーフスタジアムジャパン)について

Surf Stadium Japanは地域の主導の下に創設され、地域還元をする。そのミッションは、既に静波で興隆している力強いサーフィンスピリッツをさらに高めることである。

American Wave Machinesについて

American Wave Machinesは真のサーフィン体験を生み出している主要なウエーブ技術企業だ。SurfStream(R)会場は100人を収容でき、PerfectSwell(R)サーフプールは1エーカー以上の敷地で1000人を収容できる。2007年以来、世界中のAmerican Wave Machinesの所在地で300万回以上のセッションが楽しまれた。以下を参照。www.AmericanWaveMachines.com

ソース: American Wave Machines, Inc.
Related Links:
https://www.americanwavemachines.com/

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/