WCT第10戦MEO Rip Curl Pro Portugalレイデイで町を散策

2019/10/31 更新

五十嵐カノアの父、五十嵐勉氏によるWCT帯同記。

10/22
7:00am
今日はオフ。

とりあえず先日のケリーとのヒート後の写真です。
ポルトガルにもカノアファンが沢山いらっしゃいます。

世界各国からのメディアに対応、英語にポルトガル語にスペイン語。大会会場からパーキングに向かうのもファンに囲まれて。
ありがたいです。写真やサインに対応。

とりあえずハウスに戻り身体と心をリラックスさせましょう。
余った野菜などを沢山入れたスペシャルラーメンを作る。

今朝は冷えます。ポルトガルのハウス。
暖をとるのは薪ストーブ。エコか?最先端なのか?どちらなのか?

火はつけらるが消すのがなかなか難しい。

余った野菜とチキンを入れたスペシャル雑炊。

身体を温めそろそろ出発!

今日はレイデイ!朝から小雨まじりの風が強いコンディション。

とりあえず波をチェックして、ついでにペイニーチェの大会会場の周りをグルリ紹介しますね~

さすがにヨーロッパは日本車の出る幕はない!

ルノーにメルセデスにプジョーにシュトロエン。

なかなか日本のクルマメーカーは参入しにくいかなぁ。
カリフォルニアはぁ逆に日本車だらけですがね~。

波はデカイんですが、風が良くないし雨ってのもレイデイの要因かな。

ひょっとして会場を移動する事を考えているかな?

この看板がひとつだけガードレールも無い、落ちたら貴方の責任よ~ってな感じ

アクセルとブレーキを間違えても誰にも迷惑をかける事はなさそーですが。

ワイメアか?って感じのポイントもあります。

それでは本日はリスボンへぶらぶら散策に行ってまいります。
ラーメン屋もあるかなぁ~?

大会会場からクルマで1時間くらいのドライブでポルトガルの中心リスボンに到着。

渋滞も全く無いから運転も楽々。

バリバリ雰囲気ありますなぁ~なんかぁ日本で言うと渋谷って感じ。あんまりこの言いまわし(日本で言うと)なんか日本人らし過ぎで使いたく無いんですが、ハンティトンビーチは日本で言うと鵠沼かなぁ~とか。

まぁそんな事はぁどーでもよい。


無印じゃん!

なんだよ~最高かよ!

日本のレトルト食品も売ってまっせ~! (T . T)

文房具やら洋服やらキッチン雑貨など全く日本のままやんけ~

良かった良かった。

これならリスボン、ラーメン屋も期待できまっせ~!

簡単に発見!基本的な醤油ラーメンを食べる!

美味い!美味い!軽くニンニクも入り、ゆずの香り、センスが良い!これならリスボンでもウケるなぁ良かった良かった!

とりあえずぶらぶら

とりあえず全てが新鮮なヨーロッパはインスピレーションをかきたてます。

写真や絵やイラスト、私の発想をビンビンに目覚めさせてくれます。

このヨーロッパツアーは今年で四年目。かなりフランスポルトガルも私くし詳しくなりましたよ。
ツアーガイドも完璧にやれますなぁ。

ついでに私しのシューズも買った。

ちなみに1977年発売記念ブレザーをキャンバスのブレザーやはり黒。

カリフォルニアや日本とは全く違う。

スィーツも甘さ控えめ。

何を食べても日本人の口に合う。さすがリスボン、日本からの観光客も沢山いますね~。

とりあえずコーヒーをいただき帰宅しキアヌをピックする。

キアヌがタイミングよく登場!サンセットみたいな波だったぁ~って満足の様子。

ポルトガルの食材をふんだんに利用です。今晩はチキンカツカレーです!勝

また

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/