JPSA2019ロング第5戦DAY4リポート

2019/10/28 更新


【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ロングボード第5戦ALL JAPAN クリオマンション 茅ヶ崎ロングボードプロは千葉県釣ケ崎海岸に会場を移しスタート。
天気は曇、風はやや強いサイドオン、波は胸〜肩のややラフなコンディション。

ヒート開始前に、今回の台風の影響により被害に遭われた方々に1分間の黙祷が捧げられた。

ウィメンズのラウンド1から7:00にコンテストオン。
ヒート1では古家伸子が1位でラウンドアップし、ヒート2では栗田裕子、ヒート3では小林恵理子、ヒート4では矢澤直子がそれぞれ1位でラウンドアップするが、ハイエストポイントも3.50と伸びず、リーシュが切れたり、ゲッティングアウト中に流れから抜けられずジェットが出動したりとハードなため、本日はウィメンズのヒートはここで終了。
ヒート1の古家伸子

ヒート4の矢澤直子

あとのヒートはメンズのヒートのみと判断。

潮が少なくなり手前は右へ、アウトは左へ流れる流れが強くメンズでもゲッティングアウトに時間がかかる場合も出てきた。

メンズラウンド3では、なかなかマニューバーをきっちり入れるライディングが見られず、ハイポイントでも4点台と苦しいヒートが続くが、一瞬のタイミングを計ってマニューバーを入れてくる各選手。
ヒート1の田沼亮は重いシングルフィンでライディング

ヒート1の斉藤智也

ヒート2の柳本聖真

ヒート3の北村吉代

ヒート4の岡部祐司

ヒート5の山本誠愁

ヒート7の江頭慎吾

ヒート7の米本好希

ヒート8の浜瀬海

ヒート8のベテラン吉川祐二もシングルでライド

ラウンド4はトップシード選手が登場。
さすがトップシード選手だけあり、ハングファイブやハングテンなどコンビネーションを入れてくる選手も出てくる。中でもヒート1の井上鷹の6.07、ヒート3の森大騎5.27、ヒート5の山本誠愁5.77は歓声が上がるライディングとなった。
本日ハイエストを出した井上鷹

ヒート3の森大騎

ヒート4の真田和斗

ヒート5の山本誠愁

ヒート5の塚本将也

ヒート6の武藤龍寿もシングルフィンでライディング

ヒート6の秋本祥平

ヒート7の西口京佑

ヒート8の浜瀬海

ヒート8の堀井哲

ラウンド4ヒート8が終了した時点で、波の高さはそれほどでもないがひっかからず、波のショルダーが張らず面も流れの影響を受けボコボコした感じで、きっちりマニューバーを入れたライディングができないとしコンテストストップの判断。

明日のファイナルデーで全てが完結することになった。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/