WCT10戦五十嵐カノアはケリーと対戦

2019/10/25 更新

五十嵐カノアの父、五十嵐勉氏のWCT10戦帯同記。

10/20
6:00
雨に強風。

風がやんだ。やるかな? やる!

いつものルーティーン、コーヒーとヨガ。
風が徐々におさまりWSLサイトによると8:30に始まる。

女子からのようです。カノアの出番は午後になりそうですが、日曜日なので観客が大勢押し寄せる。VIPパーキングさえ満車になりかねない、早めに支度をして会場へ。

満車だ~。だが、簡単にパーキングスポットを発見。

しかし!また雨だ。このまま車内でメールや来週、日本から来るテレビ取材のLINE電話ミーティングなどなど。車内はイガラシ商事の事務所に。

女子もそろそろ終了する。カノアはヒート4、とりあえず会場に向かうとする。カノアはまだ来ていないなぁ。

ケリーvsカノア、本日のビックゲーム。会場がザワザワと活気づいて来てます。
カノア✖️ケリーが登場するのを観客やカメラマンが待っている。

ひと足はやくカノアの登場だ!


スゲ~歓声~
カノア赤のヘッドフォンに赤のジャージにレッドボトムが眩し~なんかオーラがスゲ~

波のコンディションは潮が引いちゃっててコロへなんかのヒートのようなチューブが無いなぁ。
ピークも2つ、大会会場正面を真ん中から右と左に有る。
カリフォルニアのハンティントンのタコベルリーフみたいなコンディションだなぁって、俺のとなりにいるWSLのコメンテーターのジョーが話しかけて来た。
確かにハンティントンかニューポートかって感じの波です。
ジョーのとなりはポッツさん、カノア✖️ケリーの試合しっかり皆んな観てます。
カノアがCTに入り早くも4年目。ケリーとのマンオンマンは初年度のパイプマスターズ、今年のクラマス、今回で3回目。
パイプ勝ち、クラマス勝ち、って感じにまだケリーには負けた事が無い。

精一杯ケリーの胸を借り力いっぱい全力でプレーをさせていただきました。
偉大なるケリー、神さまであるケリー。沢山学ばせて頂いてます。
ありがとうございます!
試合内容はWSLのサイトから観てくださいネ~

それではまた~

http://surfmagazine.jp/

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/