なみある?塩田気象予報士の波や天気のお話。【2019夏を振り返る。そして、秋がやってくる。】

2019/08/30 更新

8月に入って続いた猛暑もお盆過ぎまで。
19日の天気図には南の太平洋高気圧と北のオホーツク海高気圧の間に早くも停滞前線が現れました。秋雨前線です。

梅雨前線が消滅したのが7月27日頃ですから、夏が到来し猛暑となったのも束の間、天気図には早くも季節が秋に変わっていく合図が現れ始めました。

そして、28日は九州北部で大雨特別警報が発令され、河川の増水、氾濫、冠水、土砂崩れなどの被害が多くのニュースやSNSで伝えられました。

26日~27日にかけて秋雨前線の北側の移動性高気圧の中心は東海上へ。
少し前から上空には寒気が断続的に入り続けており、前線の南側では、大陸へ進んだ台風11号や12号と太平洋高気圧の狭間で吹き続いた南寄りの風によって、東シナ海~九州北部付近は暖かく湿潤な空気に吹きだまりのような状態となり、前線活動が活発化。
26日~29日の数日で、平年の8月ひと月の2~3倍近い雨量となり、72時間雨量は観測史上最多という大雨となりました。

今後も九州や中国地方などでは大雨が降る可能性がありますが、どうかこれ以上被害が広がらないことを心から願います。

さて、この夏を振り返ります。
まず、今月前半に日本に接近または上陸した台風は、
・台風8号 8月2日に発生し九州に上陸して7日に消滅。最低気圧950hPa 。
・台風9号 4日にフィリピンの東で発生し、台湾の北を通り大陸に沿って北上し13日に消滅。最低気圧を920hPaまで発達。
・台風10号 9号よりも東の海域で6日に発生し、最低気圧は950hPaだったものの、北緯20度付近を非常にゆっくリ北上し、25度を超えたのは12日の午後。その後は西日本に接近、四国に上陸後日本海へ進み16日に消滅。
以上の3つです。

これらが押し寄せた影響で、西~東日本の太平洋側の南向きのポイントでは5日からサイズアップ。7日頃に少し落ち着いたものの、その後再びハードとなりました。
16日(金)まではビーチの多くは広い範囲クローズが続きましたが、上級者やエキスパートの方は強いウネリに耐えられるポイントで存分に、また、中級者の方も場所を選べば遊べていたことと思います。
そして、北日本にもウネリが届いた日もありました。

お腹一杯な波を体感した夏休みを過ごされた方も多いのではないでしょうか。

また、前回触れた稲村クラシックですが、、
お盆期間中の交通規制等の関係により開催は見送られました。
お盆前後は毎日開催できるのではないか、というような波が続き、12日(月)などに開催されたならば、それはそれは見ごたえがあったろうなぁと、連日ワクワクと見学をしておりました。(私が入れたのは安全な日に安全なポイントでのみ。。。)

しかし、連日打ち寄せたパワフルな波が影響したのでしょうか。ニュースでも伝えられたように海に沿った歩道が陥没するということもありました。長年少しずつ砂が持っていかれていたのだと思います。

サーフィンは楽しいものですが、常に危険と隣り合わせです。
事故のないよう、技量に合わせてサイズ・コンディションも見極めて楽しんでくださいませ。

さあ、そんな波一杯の日が一旦終了し、ここのところ一部を除き全国的に少し物足りない日が続いています。

9月はいよいよ秋の台風シーズンに入ります。
今月訪れた台風は西日本へ進み、日本海へ抜けていきました。
太平洋高気圧が本州付近へ張り出していたため、その外側を台風が進むためです。
ですから、日本海側でも吹き込みの南西風による波や、その後の北ウネリでサイズアップした日がありました。

今後は太平洋高気圧は徐々に張り出しを弱めますから、台風は日本海へ進まず、沿岸に沿って東海上へ抜けて温帯低気圧となり離れる、というようなコースをたどる可能性が高くなっていきます。

西~東日本の主に南向きのポイントからサイズアップし、次第に東~北日本の東向きのポイントでも反応する、ということもあるでしょう。

ただし、特に秋が深まる前は台風が直撃し大きな被害をもたらすこともあり得ると言うことは常に頭の片隅に置いていてくださいませ。

台風が接近する毎に季節は進みます。
6月~7月の台風は日本に暖気を引っ張り込み夏をもたらし、これからやってくる台風は大陸やオホーツク海から寒気を引っ張り秋を深めていきます。

寒暖差も大きくなっていきますので、体調管理もしながら次のスウェルを待ちませう。

9月上旬は、今のところ大きなアップの期待は薄めという感じで。。。
太平洋側は高気圧の吹き出しによる東ウネリがメインに穏やかに反応するくらいとなりそう。
日本海側は大陸からオホーツク海へ進む低気圧への吹き込みなどで、東北を中心に南西~西ベースの波が反応する日が何とかあるくらいでしょう。

ということで台風の話が続きましたが、次回は別のネタでいきたいと思います~。
それでは、ごきげんよう。

気象予報士
塩田久実

●なみある?塩田気象予報士の波や天気のお話。【夏が来た!】

●なみある?塩田気象予報士の波や天気のお話。【この夏の波の傾向】

●なみある?塩田気象予報士の波や天気のお話。【天気図の読み方】

●なみある?塩田気象予報士の波や天気のお話。【メイストーム(春の嵐)】

●なみある?塩田気象予報士の波や天気のお話。【寒の戻り】

●なみある?塩田気象予報士の波や天気のお話。【エルニーニョ】

●なみある?塩田気象予報士が【春一番と紫外線】について語ってみた

●なみある?塩田気象予報士が【春の近づきを感じる今日この頃】について語ってみた

●なみある?塩田気象予報士が【冬の波】について語ってみた

●なみある?塩田気象予報士が【台風と波】について語ってみた

●なみある?塩田気象予報士が【8月の波】について語ってみた

●なみある?塩田気象予報士が【梅雨前線と波】について語ってみた

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/