【CTツアー第5戦Oi Rio Pro 】優勝はフィリッペ・トレドとサリー・フィッツギボンズ!

2019/06/24 更新

Photo by Damien Poullenot/WSL

6/23(日)、CT第5戦となる「Oi Rio Pro」のファイナルデーがブラジルのサクアレマで行われ、フィリッペ・トレド(BRA)とサリー・フィッツギボンズ(AUS)が大熱狂のブラジル戦を制し優勝を飾った。

Photo by Thiago Diz/WSL 

波のサイズは4〜6フィート(頭半〜ダブルオーバー)で掘れた癖のあるビーチブレイクだが、選手達は際どいセクションでエアーやチューブ、ターンなど、世界トップレベルのサーフィンを連発! 多くのファンを魅了した。

Photo by Damien Poullenot/WSL

フィリッペ・トレドはOi Rio Proで3度目の優勝(2015.2018,2019)

Round of 16では、11x世界チャンピオン ケリー・スレーター(USA)との凄まじいバトルを繰り広げて勝ち上がったフィリッペ。

▼記憶に残る ケリー VS フィリッペの1戦

Photo by Damien Poullenot/WSL

続くクォーターファイナルでは五十嵐カノア(JPN)を下し、そしてSFではフェデリコ・モライス(PRT)を破りファイナルまで勝ち上がった。

Photo by Thiago Diz/WSL 

ジョディー・スミス(ZAF)とのファイナルで、序盤からエクセレントスコア(9.37pt 8.67pr)を立て続けに出し、絶好調のサーフィンで試合を大きくリード。

Photo by Thiago Diz/WSL 

一方のジョディーはなかなか技を決めきれず、コンボの状況を抜け出せない。その後も本領を発揮できないまま試合は終了。

フィリッぺは去年に引き続き2年連続の優勝を飾った。

Photo by Damien Poullenot/WSL
この優勝によりフィリッペはCTランキングを3位にアップさせた。

ジョディーは今年最高の2位をマーク。この勝利で五十嵐カノアを抜いてCTランキング4位に浮上。

Photo by Damien Poullenot/WSL

サリー・フィッツギボンズは2年ぶりの優勝でCTランク1位にアップ!

サリーはクォーターファイナルでレイキー・ピーターソン(USA)、セミファイナルではキーリー・アンドリュー(AUS)を破り、ファイナルではカリッサ・ムーア(HAW)と対戦。

Photo by Damien Poullenot/WSL

女子のファイナルは終盤までカリッサが試合をリードしたまま試合は進んだが、

Photo by Thiago Diz/WSL 

試合終了5分前、サリーがライトの波を掴むと、チューブを抜け、その後のクローズセクションで凄まじい当て込みを見せてエクセレント8.67pxを叩き出して逆転に成功。

後を追うカリッサだが1歩及ばず、そのまま試合が終了。

Photo by Damien Poullenot/WSL

見事サリーが2019年Oi Rio Proのチャンピオンに輝いた。

カリッサは準優勝により、CTランキングを2位にアップさせた。

カレントリーダー、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)だが、R16の試合でエアーをしようとした時に膝を痛め、去年の怪我の再発を考慮して、QFのジョディー・スミス(ZAF)との対戦を辞退した。

▼ジョン・ジョンのOi Rio Proでの怪我についてはこちら

この投稿をInstagramで見る

We will give updates as we know more #OiRioPro @oi_oficial

World Surf Leagueさん(@wsl)がシェアした投稿 –

Oi Rio Pro終了時点でもランキング1位をキープしているジョン・ジョンは残りのCTツアー6戦の事を考え今回は5位でフィニッシュ。

Photo by Damien Poullenot/WSL

コロへ・アンディーノ(USA)はセミファイナルでジョディーに敗れ今大会3位でCTランキングは2位のまま。

Photo by Damien Poullenot/WSL

五十嵐カノア(JPN)はクォーターファイナルでフィリッペ・トレド(BRA)に敗れて今大会は5位、CTランキングも5位という結果になった。

▼ 2019 Men’s CT Jeep Leaderboard
(Oi Rio Pro終了時 男子CTランキング):
1 – John John Florence (HAW) 32,160 pts
2 – Kolohe Andino (USA) 27,760 pts
3 – Filipe Toledo (BRA) 27,195 pts
4 – Jordy Smith (ZAF) 26,045 pts
5 – Kanoa Igarashi (JPN) 24,705 pts

Photo by Damien Poullenot/WSL

ステファニー・ギルモア(AUS)はSFでエクセレント9.0ptを出すも、カリッサに敗退して3位。この結果でCTランキングが3位にダウン。

▼ 2019 Women’s CT Jeep Leaderboard
(Oi Rio Pro終了時 女子CTランキング):
1 – Sally Fitzgibbons (AUS) 32,580 pts
2 – Carissa Moore (HAW) 31,175 pts
3 – Stephanie Gilmore (AUS) 30,320 pts
4 – Courtney Conlogue (USA) 26,845 pts
5 – Lakey Peterson (USA) 26,050 pts
5 – Caroline Marks (USA) 26,050 pts

続くCT第6戦 「Corona Open J-Bay」は7/9(火)〜南アフリカ開催される。

いよいよCTツアーも中盤戦。今後の試合の行方にも注目していきたい。

▼Oi Rio Pro 男子ファイナル結果:
1 – Filipe Toledo (BRA) 18.04
2 – Jordy Smith (ZAF) 8.43

▼Oi Rio Pro 女子ファイナル結果:
1 – Sally Fitzgibbons (AUS) 14.64
2 – Carissa Moore (HAW) 12.57

▼Oi Rio Pro 男子セミファイナル結果:
SF 1: Filipe Toledo (BRA) 16.00 DEF. Frederico Morais (PRT) 10.30
SF 2:F Jordy Smith (ZAF) 16.06 DEF. Kolohe Andino (USA) 10.40

▼Oi Rio Pro女子セミファイナル結果:
SF 1:Sally Fitzgibbons (AUS) 7.63 DEF. Keely Andrew (AUS) 4.40
SF 2: Carissa Moore (HAW) 15.30 DEF. Stephanie Gilmore (AUS) 14.83

■ WSL(ワールド・サーフィン・リーグ)
http://www.worldsurfleague.com/

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/