カリブ海

2018/04/18 更新

今回の遠征はカリブ海。ひとつはフランス領のマルティニーク島、もうひとつはバルバドスにQS3000の試合のためにいきました。
ここは毎年行くのにすごく遠くて苦労する場所の一つ。
アメリカ経由でアメリカ国内で乗り継ぎカリブ海の島へ。
計40時間ほどかかるので着く頃にはヘトヘトの体ガチガチ。笑 
時差も13時間と真逆なので昼夜逆転で時差ボケ直すのも一苦労。笑

まずはマルティニーク。ここはライトのポイントブレイクで形はいいんですがバックウォッシュが入りやすく乗るとかなり癖があって難しい波です。
ダブルアップしたいい波をいかに見つけて乗れるかが勝負でした。
シードだったのでラウンド3から。

ラウンド3は最後にいい波乗れて逆転勝ち。ラウンド4で負けてしまったのですが始まってすぐ4点、続けてカーブにフィンアウトで7.5ポイントをスコアして試合展開的には悪くなかったのですがその後バックアップを伸ばせず攻められ敗退。
一本最後の方で2発リップいれた波ニード5.5だったので出たかなと思ったんですが届かず。
ラストをエアーとかでせめて決めてたらですね。

マルティニークではいつもお世話になってる知り合いの家に!会場の目の前の家なのですが、ここのダニエルおばさんがすごくいい人で朝から夜までご飯まで作ってくれて、前に来た時はWiFiを買ってつけてくれたりと毎年お世話になってます。笑 
地元のご飯はステーキにタイ米みたいな米やパンも絶対フランスパン。カレーのようなスープにつけて食べたり、肉は固いのが多いですが味付けは美味しかったです!

続けてバルバドス。
バルバドスは本当にリゾート地のようで白い砂浜に海の色も透明で青くて。
想像してるようなカリブ海の海そのもののような景色です。向こうでは野呂れいかファミリーにお世話になりました!
家をシェアして食事もお母さんが作ってくれたり食事面でもかなり健康に助かりました!
バルバドスも結果はマルテーニークと同じ17番でした。
ここの波は今度はレフトのポイントブレイク。リーフでもろセットの波がいい。その波を待って乗った人勝ちみたいなところがありました。波質も柔らかくあてやすくていい波です。
最初のラウンドは残り10秒でセットを掴んで逆転。笑 
かなりギリギリでしたがしっかりスコアできました。
次のラウンドではスタートも悪くなかったのですがいいセットに乗られてしまいなかなかスコアが縮められずそのまま負けてしまいました。ヒート中は落ち着いてミスも少なかったのでメンタル的にはよかったのでこの感覚忘れずに次の試合までトレーニングしていきます。

新井洋人

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/