サーファーつながりの宮古島トリップDay3

2018/03/30 更新

DAY3

大会当日。
「宮古島の天気は予想がつかない」という言葉に期待してもいたが、予想通りの悪天候。
雨風が激しく、外に出るのも勇気がいるほどの雨の降り方。
大会会場に向かうが、写真を撮るのもままならない。

設営班は早くから準備を進め、開催する方向でいたものの、波のコンディションもクラスによっては危険があるとのことで一時中断。
池間さんらの話合いの結果、違うポイントに会場を移すということに。

設営班は設置したものを撤去し、車に積み込み、候補のポイントへ。
私たちもそのポイントへものすごい雨の中車を走らせた。

着いたポイントは上から眺めることができ、上から見るに波はあるのでできそうだ。が、豪雨だ。
そのうち、雷注意報が出たため、池間さんより大会の延期が告げられた。

さて、大会延期とのことで、せっかく集まったメンバーもこれでは暇を持て余してしまう。
すぐに「ボーリング大会開催」の告知が回った。
大会会場は宮古島唯一のボーリング場。
そこに参加する人は集合せよと。カメラを片手に私も伺ったが、ほぼ大会メンバーでレーンは貸切で、中にはウェットスーツを着たまま参戦する人も。
外は雨で暗い空が広がっていたが、ボーリング場は熱気で溢れ、明るい笑いが広がっていた。
トーナメント式で進み、最後に決勝戦が行われ、優勝者が決定して終了。
どんな状況も楽しんでしまう島人のおおらかさを感じた時間だった。

ボーリング大会終了後外に出ると嵐は過ぎ去り、最終日の明日は良い天気になりそうな空に期待をした。
そして大会は延期になったものの、メインパーティーの今夜はスペシャルゲストも登場、毎回すごいという噂のパーティーを楽しみに待った。

パーティーは今夜も市内中心部のライブハウスで行われることになっており、ホテルから徒歩圏なのが嬉しかった。
入り口でドリンクチケットをもらい、中へ。
徐々に人が集まり、料理がテーブルに置かれ、DJがノリノリのみんなが踊れる曲を流す。
島人はノリがいいので、飲んでは踊って、笑いが絶えない。
そして島人サーファーには芸人が多く、盛り上げるのが上手い。

今回、特別ゲストとしてダンシングを披露した「島バナナーズ」。
実は某芸能事務所に所属し、これから全国展開するのだ。
少し話は聞いていたものの、初めて目にした彼らの踊りに脱帽。
彼らについてはまたご紹介したいが、とにかくその踊りに圧倒される。
そして彼らの正体を知ればさらに敬礼。

沖縄パワーを見せられたというのが第一の感想である。
そんなこんなで飲んで踊って、楽しい時間は過ぎていき、最終日へと向かっていった。

大会当日は生憎の雨

大会会場の白鳥岬

雨の中、大会スタッフは一生懸命準備

フードコーナもあったが

大会の参加賞

しばしウェイティング

池間さんより大会会場の変更が伝えられた

多くのスポンサーが大会を支えている

大会が延期になったため、宮古島唯一のボーリング場でボーリング大会

大会に集った皆がボーリングで盛り上がった

準備体操をする比嘉力夫プロ

サーファーはボーリングも上手い?

ウェット姿の皆さんも

アフターパーティーも大忙しの大会スタッフさん

ゲストの「島バナナーズ」の皆さんと乾杯!

締めは賞品ゲットのじゃんけん大会

来週はいよいよ最終日。

DAY1記事はこちらから

DAY2記事はこちらから

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/