サーフィン映画の枠を超えた名作「サウス・トゥ・シーアン」DVDが遂にリリース!

2017/01/20 更新

サウス・トゥ・シーアンはサーフ、バイク、トラベル、ドキュメンタリーでもないフィルム。全てを合わせた以上のものだ!

Deus Surf のカメラマンでフィルムメーカーのダスティン・ハンフリーが、ハリソン・ローチと Z・ノリスに無鉄砲としか思えないビッグ・プロジェクトを持ちかけた。

STS4

サーフィンとバイクをこよなく愛する2人にとって、理解できないことが2つあった;ひとつは、人生を変えるかもしれないチャンスが、なぜ与えられたのか、そしてもうひとつは、長い冒険の旅のスケールの大きさと体験がもたらす未知数だった。

あまり知られていないサーフ・ブレイクを回る旅のはずが、冒険と友情、4000キロに及ぶバイクの旅になった。それは、現代生活という現実世界が課す重荷からのシングルフィンによる逃避でもあった。

STS5

2人は現実の生活やお金、仕事、社会のめまぐるしさから、後先考えずに逃げ出した。ジョセフ・コンラッド作『闇の奥』の現代版である。

unnamed

古代の火山の灰に覆われた斜面をバイクで走り、フォレスト・ミンチントン、アジィ・アガシと合流。またマット・カディヒィやルーウィ・ダンら昔からのそして新しい友人たちと海での冒険を続けた。一方、インドネシアの陸地の冒険では、見知らぬ人たちの友情に助けられる。

unnamed (2)

荷造りをし、多様なボードのクイバーと 2台のバイク、テントを 1970年代のランドローバーに積み込んで、2人はバリ島の南部から冒険を求めて旅立った。友人たちのネットワークを使いながらインドネシア群島を経由して、スマトラ島北部の島にあるラグンドリ・ベイが目的地だ。

ボードとバイクに乗り、ボートと 4輪駆動を走らせる。彼らのミッションは、GPSとWifiに囲まれた現代において、本物のサーフ・アドベンチャーが可能なのかを、身を持って知ることだ。

STS2

エキゾチックで息をのむほど美しいインドネシアの景色を背景に、2人は人生に新しい意味を見つけ、社会の壁や束縛を破り、自分自身のルールを定め、自分を信じることさえできれば何が可能なのかを再定義した。

サウス・トゥ・シーアンはサーフ・フィルムでもバイク・フィルムでもなく、トラベル・ドキュメンタリーでもない。それらすべてを合わせたもの以上だ。

STS3

ハリソン・ローチが担当した脚本とナレーションは、哲学的考察や意味深い会話に溢れ、我々観る者の洞察力を試している。

旅についてでも場所やその地での冒険についてでもなく、人間の心理や我々が自らを閉じ込めている檻、そして人生の本当の可能性について問いかけているのだ。

●監督:ダスティン・ハンフリー

●プロデューサー:アンソニー・ドッズ

●撮影監督:アンドレ・クリケット

●ナレーション/ナレーション脚本:ハリソン・ローチ

●編集:リンカーン・キャプリース

●スティル撮影:ウッディ・グーチ

●配給・宣伝:レイドバックコーポレーション

オーストラリア映画/53分/2016年/カラー/シネマスコープ
原題「SOUTH TO SIAN」

■ お問い合せ:レイドバックコーポレーション
http://www.laidback.co.jp/20161030.html
Mail:admin@laidback.co.jp
TEL:0467-25-6260 FAX:0467-25-6122

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/