WCT #9「Rip Curl Pro Search」ポルトガルでミック優勝!レイティング首位独走!!

2009/11/02 更新
Mick Fanning(AUS) (C)ASP/CI/CESTARI via GETTY IMAGES
Mick Fanning(AUS) (C)ASP/CI/CESTARI via GETTY IMAGES

Rip Curl Pro Search
Supertubos,
Peniche,Portugal
Oct.19-28,2009
Prize:US$340,000

WCTもいよいよ第9戦、先頃「Rip Curl Pro Search」が無事終了となった。通常のWCTと違い開催地を限定せず、毎年、コンディションを考慮して絶好のロケーションが選ばれる今大会。リップカールが持つそんなフローティング・ライセンスによって選出された今年の会場はポルトガル。

なお今回は2-3フィートから12フィートに至るまでサイズも様々な会場を転々と移動。最終的にはチュービーなスペルトゥーボスに落ち着きファイナルデーを迎えた。

スペルトゥーボスの過激なバレル合戦を戦い抜き、ファイナルに勝ち上がったのはミック・ファニングとビード・ダービッジ。最終日、牙をむいた12フィートから一気にサイズダウン、風の影響で徐々にコンディションが悪くなる4-6フィートの中、注目のファイナルは行われた。

刻々と変化するコンディションに素早く対応したのはミックだった。波をズバズバと切り裂く持ち前のカミソリリップが炸裂。一方、ビードもパンチの効いたマニューバーで応戦。だが、ハイスピードで波を切り裂くミックの前では、見た目の派手さはもちろん、やはり得点においても一歩及ばず。結果、トータルスコアで5ポイント近い差をつけ、ミックが優勝。自らのスポンサーであるリップカールのコンテストに、見事自身の優勝という花を添えた。

さて、これでタイトル争いもミックが首位独走態勢に。しかし、2位につけるジョエル・パーキンソンもまだまだタイトル獲得のチケットを保持している。最終戦パイプラインでは、王者の座を賭けこの2名によるガチンコバトルが繰り広げられる。

ASP WCT #9 Rip Curl Pro Search
【RESULTS】
優勝:Mick Fanning(AUS)
2位:Bede Durbidge(AUS)
3位:Joel Parkinson(AUS)
   Owen Wright(AUS)
5位:Jordy Smith(ZAF)
      Bobby Martinez(USA)
   Damien Hobgood(USA)
   Tim Reyes(USA)
9位:CJ Hobgood(USA)
      Tom Whitaker(AUS)
      Drew Courtney (AUS)
      Kai Otton(AUS)
      Dane Reynolds(USA)
      Taj Burrow(AUS)
      Frederick Patacchia(HAW)
      Adriano de Souza(BRA)

Mick Fanning(AUS) (C)ASP/CI/Kirstin via GETTY IMAGES
Mick Fanning(AUS) (C)ASP/CI/Kirstin via GETTY IMAGES

ASP WORLD TOUR RATINGS
(第9戦Rip Curl Pro Search終了時点)
1/Mick Fanning(AUS)  7140 pt
2/Joel Parkinson(AUS)  6772 pt
3/Adriano de Souza(BRA)  6148 pt
4/Bede Durbidge(AUS)  6146 pt
5/C.J. Hobgood(USA)  5748 pt
6/Taj Burrow(AUS)  5524 pt
7/Kelly Slater(USA)  5514 pt
8/Bobby Martinez(USA)  5421 pt
9/Damien Hobgood(USA)  5116 pt
10/Jordy Smith(ZAF)  4828 pt

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る