2015/09/28 更新

こんなトリップ、きっと楽しい!!
BLUERにて好評催行中のバリ島の秘境「メドウィーツアー」におひとりで参加しませんか?

期間中、BLUERスタッフが同行し、現地でひとり参加者の皆さんと、サーフィン、サンセットディナーを楽しんだり、自由に余暇を過ごす「シェアトリップ」催行が決定しました!

普段、ひとりで波乗りに行かれる方も多い事と思います。でも海外はちょっと不安……という方でも、空港から現地を含めてツアー参加者と同行するツアーとなりますので安心です。

サーフィン初級の方も中級の方も、現地のローカルガイドが完全ケアしますのでご安心ください。
BLUERスタッフも現地にて合流します。
また、この旅の模様は後日、BLUERにて記事になります。(顔出しNGの方は写しませんのでご安心ください。)

また「シェアトリップ」特典として、現地でのガイド&コーチによるサーフィン動画撮影が通常$50かかりますが、1日1回分を無料にてムービー撮影してお渡しします。
ご自身のサーフィンの様子をバッチリ撮影してもらえるチャンスです!
ツアーは毎週木曜日に催行していますが、この「シェア・トリップ」は10月29日出発分のみの特別開催となります!

※もちろんお二人以上での参加も可能です。

※三人以上でご参加の場合は、他の催行日を選択してください。

※ツアー料金は下段に記載。ただし一名参加の場合は追加費用がかかります。詳細はツアー主催「エスティーワールド」にお問合せください。

今まであまり知られていないバリ島のメドウィー。

長ければ300メートルのロングラインディングが可能でハードすぎないメローな波質。
ショートボード、ロングボードとかなりオールマイティに対応するバリ島の隠れ家的サーフポイントになります。
グーフィーがメインですが、バックサイドの練習に素晴しい波、そしてレギュラーの波ももちろんあります。
今まで整備されていなかった地元メドウィーの受け入れ態勢が整いました。ぜひ、今だ手つかずの自然あふれる新境地に行ってみてください。

秘境のバリー MEDEWI(メドウィ)
ー知られざる波の宝庫へ
Dream Adventure SURFCAMP
in MEDEWI,BALI

バリ島にあまり知られていない秘境がある。
バリにありながら異国の文化を持つ場所。


それが島北西部にある秘境の地メドウィー
ー MEDEWI ーだ。

夢のような300m級のロングレフトブレイク
混雑のないゆったりとした
サーフタイムを過ごせる魅惑の土地。


今までのバリの概念を打ち崩す
完全ケア型パッケージトリップ。
空港から3時間。バリ中心地から離れた秘境。
メドウィの波と自然環境が今
あらためて注目されている。
バリ島といえば、世界有数のサーフポイントであり、サーファーにとっては一度は経験するだろう海外サーフトリップの代表的な目的地である。
バリ島には名の知れたサーフスポットが多数あり、西海岸、東海岸、近隣のスモールアイランドを含めて素晴しいスポットが点在する。
昨今のトラベラーなどの増加により、サーフポイントも混雑がつづいている。ポイントによってはエキスパート向けであり、なかなか充実したライディングを堪能できないケースもあるという。
空港から車を走らせること、およそ3時間の場所にメドウィーはある。
他のポイントに行ったついでにオプションで訪れたことがある人もいるだろうか。あるいは、あまり聞いたことがないサーフポイントかもしれない。
この地、メドウィは、実は古くからあるサーフスポットである。
しかし、空港から車で3時間という距離、そして、華やかな繁華街などないこの地に足を伸ばすのは、かなり限定された人だけだったと言っていい。

この地は、今の時代の変化の中でこそ、混雑や喧騒がなく、初級からエキスパートまで満足のいくオールマイティーな波が立つことでもサーファーにとってこれほどパラダイスな目的地はないかもしれない。

ロングレフトウェイブ
グーフィーフッターのみならずレギュラーフッターが新境地を見いだす波メドウィは、1年間に渡って、波のない時はあまり無いと言っていいほど、通年サーフィンが可能なポイントだ。
メインブレイクはレフトの波だが、ライトのブレイクもあるために両方のニーズを満たすことができる。しかし、メドウィとえいば、レフトウェイブが真骨頂。かなりロングライディング可能な波でもある。
ブレイクは早すぎずショートでもロングでも板を選ばないオールマイティーな波がブレイクする。
長ければ300メートルのロングラインディングが可能でハードすぎないメローな波質。ショートボード、ロングボードとかなりオールマイティに対応するバリ島の隠れ家的サーフポイント。
グーフィーフッターはもちろん、レギュラーフッターは、このレフトの波の楽しさに新境地を見いだす人も少なくない。バックハンドに苦手意識を持つ人がいるだろうか。そんな人にこそ味わってもらいたいメドウィの波。レギュラースタンスの人にはかなりの練習になることは間違いがない。もちろん、いかなるスタンスのサーファーでも楽しめるマジカルな魅力がそなわった場所でもある。

コテージはポイントの目の前
波の音で朝を迎える贅沢ステイ

今回のサーフツアーの醍醐味は、今までのバリ島へのサーフトリップとはひと味違った「波」と「豊かなくつろぎの時」を味わうことをテーマとしている。

このコテージは、メドウィ・ポイントのまさに目の前にあるコテージ。波の音が聞こえるほどの、この上ない立地に佇んでいる。ホテルにはレストランやプールも完備されており、部屋は奇麗に掃除が行き届いている。


しかし、バリ島にある、いわゆるゴージャスホテルではない。あくまでもシンプルで素朴。必要なものはあるが、それ以上はない。何よりの贅沢があるならば、それは最高の波と、目の前に沈むサンセット、バリの中心地でも見ることができない、夜空に輝く、何億もの星。そして海の目の前で波の音を聞きながらゆったりと時間を過ごし、部屋やガーデンから見えるポイントの波を常時チェックしながら、完全なる喧騒を忘れてステイできることにある。

波がないコンディションはあまり無いために、どこかにポイントを移すことなく、このメドウィでツアーを完結させようというこのサーフトリップ。

朝イチサーフィンのあとはランチ、そしてツアーに含まれるゆったりマッサージで疲れをほぐす。
本を読んだりプールサイドでくつろぐなど、ゆったりとしたホールパッケージの時間を体験できる、バリ島の騒がしさとは違う、いわば物質的ではない、夢のような精神的な感動を得られるトリップだ。バリに行ったなら、いくつかのポイントを移動することが多いかもしれない。しかし、このメドウィツアーは、メドウィだけを味わう旅だ。
バリ島にありながら
「イスラム教」や「インドネシア文化」が
色濃い土地柄バリ島といえば、ヒンドゥー教徒が多数を占めるのだが、この地は、バリ島の北西部に位置することもありイスラム教のエリアでもある。
朝4時半になれば街中にコーランが鳴り響く街だ。今後、世界でもっとも多い人口になると見通されているイスラム教の信仰地域。
とても温和な人々が住む場所だ。とはいえ、バリ島に位置していることも含めて、バリ文化とインドネシア文化が混ざったような不思議な地域といえる。
言葉もバリ語ではなくインドネシア語が多く使われ、食もバリ中心地とは違うインドネシア語の名称も多い。
食の物価は安く、非常に手の込んだインドネシアの家庭料理が日常的にあり何十種類ものスパイスやハーブを使いカレーや肉、魚料理などを食すことができる。日本のダシのような独特の発酵食品もある。
メドウィに行ったらナシゴレンやミゴレンとはまったく違った本格的なインドネシア料理をぜひ堪能したい。
このツアーでは、そんな本格的な手料理が振る舞われ、ホテルコテージ横のバンブーテラスにてサンセットを眺めながらディナーがサーブされる。
これ以上の贅沢が他にあるだろうか。

エスティーワールドplus BLUER
バリ島メドウィツアー概要

完全フルパッケージ秘境ツアー。
現地ローカルによる完全フルケアーのガイド&コーチ体制とスペシャルディナー、ポイント目の前のコテージにステイ。
バリ空港から車で3時間
バリ島北西部の地にあるパラダイス
バリ空港から専用チャーターで3時間。
バリ国際空港から都会をくぐり抜け、しばし自然あふれるカントリーロードを走るとたどり着くメドウィ。
決して近くはないこの地には、それだけの価値ある「波」と「異空間
」の体験が待ち受けている。

秘境だったこの地を
ローカルがフルケアーする!
メドウィは古くからあるサーフスポットだが、ローカルがきつく日本人にとっては近寄りがたい場所でもあった。
このSTW+BLUERメドウィ・サーフィンツアーは、ローカルのメドウィボードライダーズクラブのヴァイスプレジデントをつとめるアレックスのガイド&コーチにより、完全フルケアが付帯されるサーフツアーだ。

早朝1ラウンド、午後のラウンドもフォロー。またコーチとしてサーフィンのショートレッスンも実施する。
なお現地は玉石のポイントにつきブーツを持参ください。
動画撮影やボードレンタルなどは現地オプション。
アレックスに気軽に相談を。
コテージに到着したらアレックスがお迎えに上がります。
ポイントの目の前のコテージに宿泊
波の音で1日がはじまる贅沢な時間
宿泊するメドウィ・ビーチコテージはポイントの目の前にある。部屋からはもちろん、一歩外に出れば波のコンディションがすぐにわかるという絶好の場所に宿泊。オーシャンヴュールームにご宿泊いただきます。

アフターサーフはココナッツオイルでマッサージ
メドウィポイントのワルン横にあるスペースで波の音を聞きながらマッサージ。ツアー中、3回のマッサージ可能。ココナッツオイルを使い1日のサーフィンの疲れをじっくりこりほぐし。

本格的インドネシアの手料理を味わう
サンセットディナー
ナシゴレンやミゴレンではない本格的なインドネシア料理を堪能できる本ツアー。
到着後の2、3日目のディナーは、今まで食したことのないフルコースの手料理をコテージ横にあるバンブーテラスにて、夕日の沈む18時からサーブします。
夕焼けをみながら、よくあるバリではない異国の雰囲気が漂う食事と空気感を感じ、波の音を聞きながら、ゆったりと肉、魚料理に舌鼓。バリ中心の喧騒にはない、ここが本来のパラダイスと呼べる場所です。

<パッケージに含まれるもの>
• 
メドウィ・ビーチコテージ宿泊オーシャンヴューの部屋(3泊5日)

• サーフィンフルケアー(地元サーファーのアレックス他、ケア&フォロー)

・ 朝食/夕食

• 3回のボディマッサージ付

• 施設内プールの無料利用

• 空港とホテル間の送迎

• お部屋へミネラルウォーター
<現地オプション>

・ サーフィン撮影(動画写真 CDお渡し)

・ サーフボードレンタル

旅行日程
【1日目】
日本—バリ島 ングラ・ライ国際空港 (午後着)
空港からメドウィへ(STWによる送迎)ホテル夜到着<メドウィビーチコテージ 泊>

【2日目】
朝  サーフィン
昼  ランチは自由行動(ホテルかビーチフロントで自由に食事)
※ツアー料金に含まれない
午後 サーフィンなど自由行動 マッサージ他
夕食 バンブーテラスにて夕日を見ながらインドネシアディナー<メドウィ・ビーチコテージ 泊>

【3日目】
朝  サーフィン
昼  ランチは自由行動(ホテルかビーチフロントで自由に食事)
※ツアー料金に含まれない
午後 サーフィンなど自由行動 マッサージ他
夕食 バンブーテラスにて夕日を見ながらインドネシアディナー<メドウィ・ビーチコテージ 泊>

【4日目】
朝  サーフィン
昼  ランチは自由行動(ホテルかビーチフロントで自由に食事)
※ツアー料金に含まれない
午後 サーフィンなど自由行動 マッサージ他
夕方 メドウィ・ビーチコテージから空港へ(STWによる送迎)

【5日目】
深夜便 バリ島ングラ・ライ国際空港—日本(午前着)

食事内容
朝食
メドウィ・ビーチコテージでの朝食
ナシゴレン/ミゴレン/ウェスタンから選択可能
フルーツジュース各種から選択可能
バリコーヒー他

※ツアー料金に含まれます
昼食
ホテルもしくはビーチ前ワルン(食堂)など自由にご利用ください。
写真はメドウィビーチにあるビーチハウス・ワルンのナシブンクス

※ツアー料金に含まれません
夕食
バンブービーチテラスでのインドネシア手料理
インドネシアのスパイシーカレー
メドウィで有名なチキン料理、魚料理、豚料理
など日替わり

※ツアー料金に含まれます

※ツアー代金にはガイド&コーチ、ディナー、マッサージ、送迎などの基本的な費用が含まれております。

上記ツアー代金は二名での申込料金です。一人参加の場合は上記料金に¥20,000の追加費用がかかります。

旅行代金および最新情報はエスティーワールド・ホームページかTELにてご確認ください。
ツアーは毎週木曜日に催行していますが、この「シェア・トリップ」は10月29日東京出発分のみの特別開催となります!
※この10月29日出発分のおひとり参加者は、同じくお一人参加の同性の方と二名にて同室になりますのでご了承ください。
最新情報はエスティーワールド・ホームページかTELにてご確認ください。

http://stworld.jp/
03-6415-8633

ツアー主催/エスティーワールド

ツアー共同企画/BLUER(ブルアー)


この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/