大野修聖、前田マヒナがJPSA伊良湖を制す!

2013/08/11 更新


今大会を制した大野修聖と前田マヒナ。おめでとう!

強烈な日差しが照りつける夏真っ只中な伊良湖ロングビーチを舞台に、熱戦が繰り広げられてきたJPSA田原オープンもついにファイナルを迎えた。


男子優勝の大野修聖


女子優勝の前田マヒナ

まずは女子、ファイナリストは橋本小百合、前田マヒナ、野呂玲花、庵原美穂の4名。波数少ない腰サイズといったコンディションのため、各選手ともじっくりとセットを待つが、力ない波に前半はロースコアが目立った。

そんな中、前田、野呂が比較的ショルダーの張った波をキャッチしリップの猛攻を見せ鼻の差リード。後半までリズムを崩さずポイントを重ねたのは前田。最後の最後まで攻撃の手を緩めることなく5.75を叩き出し首位をキープ。
結果、今年度プロ昇格を果たしたばかりのルーキー、前田マヒナが逃げ切る形で優勝を遂げた。


2位:野呂玲花


3位:水野亜彩子


4位:橋本小百合

続いて男子ファイナル。いよいよ今大会のラストバトル。死闘を潜り抜け決戦に顔を揃えたのは加藤嵐、大野修聖、高橋健人、田中譲。多くのギャラリーが見守る中、ついに戦いの火ぶたは切って落とされた。

序盤から高得点を出してきたのは大野。じっくりとパワーためてリップで一気にそのパワーを開放するパンチの効いたリエントリーを連打。積極的に波に乗り、エアも織り込むなど、うまく見せ場をつくり首位独走態勢とした。また加藤、田中、高橋も激しくポジションを変えながら巧みに波を刻んで猛追。


2位:加藤嵐


3位:高橋健人


4位:田中譲

そして大野リードのまま後半に突入。5点台を出すのもキツイ状況の中、1位になるには6.1以上が必要という状況のまま残り5分。高橋がハイスピードからスタイリッシュなエアリバース、加藤が豪快なリエントリー…逆転かと思われたが、両者とも微妙にメイクならずインコンプリート。

結局、その差が縮まることなく大野が優勝。大野は今年度のJPSA3戦連続優勝という快挙を成し遂げ伊良湖も制した。

さて次なる戦いは8月30日から開催されるALL JAPAN PRO 新島。こちらもお楽しみに!

JPSAショートボード第3戦
「夢屋サーフィンゲームス 田原オープン」
【MENS RESULTS】
優勝:大野修聖 10.50
2位:加藤嵐 8.20
3位:高橋健人 7.85
4位:田中譲 5.90

【WOMENS RESULTS】
優勝:前田マヒナ 10.25
2位:野呂玲花 7.70
3位:水野亜彩子 5.85
4位:橋本小百合 5.30

★特設サイト↓
https://namiaru.tv/ust/jpsa/

この記事が気に入ったらいいねしよう!

なみある?の最新ニュースお届けします。
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/