最年少トリプルクラウンチャンプと念願のパイプマスターが決定!!

2011/12/11 更新

怒涛の3日間、眠くても眠れません。ハワイ・オアフ島のノースショアで開催されていた『Vans Triple Crown of Surfing』の最終戦、ASPメンズワールドツアーもとうとう最終戦を迎えた『Billabong Pipe Masters in Memory of Andy Irons』が、現地10日(土)にファイナルデーとなりました!

会場となっているバンザイ・パイプラインの波はサイズダウンの6-8ftながら、セットを待てばまだまだバレルも健在で、本日はバックドアもしっかりとブレイク。
そして、このバックドアバレルの1本で勝敗が分かれたヒートが数々あった。

ファイナルデーは朝一から会場を埋め尽くす人人人。それもそのはず、好ヒートが目白押しのQFは、H1からローカルヒーローのジェイミー・オブライエン(HAW)が登場し、昨年度のトリプルクラウンKingジョエル・パーキンソン(AUS)と戦った。
まずは本日の勝敗を分けた1戦。悉くバックドアを攻めるパーコ、対するJ.O.Bはさすがのパイプマスター、パイプを攻めまくる。ただ、この日のロングウォールはバックドア。スコアも僅差ながらパーコに軍配が上がり、惜しくもジェイミーはここで敗退。その時の会場の溜息と言ったら・・いきなりJ.O.BvsJ.J.Fのファイナル対決が見られなくなったからだ。

そうなるとギャラリーはもう一心にジョン・ジョン・フローレンス(HAW)へ想いは一直線!明らかに寝起きのジョンジョンは目をこすりながら朝シャワーならぬ朝ヒートへ入水。H2の対戦相手はワールドチャンプのケリー・スレーター(USA)だ。
序盤からいとも簡単に朝飯前のパイプでグラブレールから7ptを先取するジョンジョン。その後、セットがパタリと止みケリーが全くスコアを伸ばせないまま終盤へ差し掛かると、ジョンジョン今度はバックドアへストールしスピッツと共に飛び出して9.70pt。あらら、ここでケリーは何とコンビネーションへ追い込まれてしまう展開。会場の誰もが、いくらケリーでも今回だけは逆転は無理と思った終了間際、それは残り2分少々の出来事だった。
迷わずバックドアへテイクオフしたケリー、かなりスープ量も多そうなバレルをディープに数秒被り、隙間を抜け出るとこれでハイスコアを確信。コンボからは確実に抜け出たはず、未だスコアコールは無いが終了間近で待ってられないケリーは直ぐ様立て続けに再びバックドアへプルインすると、しっかりバレルライドを披露し終了ホーン。観ていたこちらも鳥肌が立ったケリーの神業。岸へ上がるとウィニングコールはケリー!!!!あっと言う間の出来事にジョンジョン成す術無しと、本日の勝敗を分けたバックドアの2戦目となった。

H3のミシェル・ボウレズ(PYF)はジョンジョンが敗退した事で、ファイナルへ進めばTCチャンプの称号が手に入る為、気合十分でローカルハワイアンのエヴァン・ヴァリエール(HAW)を下す。
H4は昨年の準優勝キーレン・ペロウ(AUS)が今季絶好調ルーキーのガブリエル・メディーナ(BRA)と対戦。メディーナは今大会全く飛ばない。慣れていないながらも一生懸命パイプを攻めてココまで勝ち上がって来た。彼が今大会使用していたボードはやっぱりTokoro、ワールドツアラーが愛する板でメディーナもハワイの波にマッチしていた様だが、やはりキーレンもTokoroを使用。OZながらハワイのノースが大好きなキーレンが一歩も二歩も上手で、このヒートもの凄いチャージを魅せてSFへ進出した。

SFはギャラリー全員唸る吠える。H1のパーコとケリーの対戦では、ヒートベストスコアの9.23ptを叩き出したのはケリーだったが、後1本を欲しいが為にクローズ気味のバックドアセットに手を出しワイプアウト。これが勝敗を分けたバックドアバレルの3戦目。ケリーがアウトへ戻る途中、パーコが素晴らしいバレルを抜けて8.60ptをスコアし逆転に成功。8ptを2本揃えたパーコに、今度はケリーが残り2分で敗れてしまった。
H2では本日勝敗を分けたバックドアバレルの4戦目。TCランク2位に着けるミシェル・ボウレズ(PYF)に注目が集まり、キーレン・ペロウ(AUS)との対戦となったが、バックドアで本日のディープなロングチューブを決めたキーレンに10ptが出て万事休す。ミシェルには悪いが会場は一気に盛り上がり、これでジョン・ジョン・フローレンス(HAW)の若きトリプルクラウンチャンピォン誕生となった!

ファイナルはジョエル・パーキンソン(AUS)とキーレン・ピロウ(AUS)。もう負ける感じのしなかったのがキーレン。ファイナルヒートもイケイケでオープニングから7pt、2本目にバックアップを固め、それでも果敢にチャージしまくる姿は、何が何でも勝ちたい姿勢がにじみ出ていた。パーコはショートバレルでスコアが伸びず逆転ならずで、キーレン・ペロウ(AUS)2年目の正直でようやくパイプマスターの称号を手にした。
キーレンはこれがワールドツアー初優勝。長年通って大好きなパイプで勝てるってどんな気持ちなんだろう。しかも今季は25位と13位ばかりで来季クォリファイも危なかったので、終わり良ければ全て良し。可愛い愛息も凄く喜んで国旗を掲げ一緒に表彰台へ上がってパパを自慢していた。

今回大会自体は終始ほのぼの和やかに進行し、波はハードだったがベストコンディションでのパイプでマスターズが開催された事で、選手は敗者も含めベストを尽くし納得していた様で、今季の締め括りに相応しいコンテストとなった。例え敗退しても皆笑っていたのが印象的、噂のパーコも結局ファイナルで負けてしまったが終始ニコニコ、OZ二人がファイナルに残れた事も凄く喜んでいた様だ。
さぁこれで今季ASP全てのコンテストが終了。来季はどんなドラマが待っているのか!?
追って2012年のスケジュール、来季クォリファイの行方も報告して行きます!

ASP Men’s World Tour最終戦『Billabong Pipe Masters in Memory of Andy Irons』
【RESULT】
優勝:Kieren Perrow(AUS) 13.17pt
2位:Joel Parkinson(AUS) 7.00pt
3位:Kelly Slater(USA) Michel Bourez(PYF)
5位:Jamie O’Brien(HAW) John John Florence(HAW) Evan Valiere(HAW) Gabriel Medina (BRA)

『Vans Triple Crown Rating』
1.John John Florence(HAW) 13060
2.Michel Bourez(PYF) 12930
3.Adam Melling(AUS) 11850
4.Taj Burrow(AUS) 10000
4.Kieren Perrow(AUS) 10000
6.Adriano De Souza(BRA) 7350
7.Dusty Payne(HAW) 6360
8.Nat Young(USA) 6200
9.Evan Valiere(HAW) 6050
10.Adrian Buchan(AUS) 5480

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/