ヒュージなクラシックコンディションでパイプマスターズがスタート!

2011/12/10 更新

現地8日(木)、ハワイ・オアフ島のノースショアには今冬2度目となるヒュージなノーススェルが大Hit!
オフィシャルで12~15ft、ハワイアンサイズでは裕に20ftはあろうかと言う、とてつもないサイズ。
いよいよ『Vans Triple Crown of Surfing』の最終戦、ASPメンズワールドツアー『Billabong Pipe Masters in Memory of Andy Irons』が開幕した!

昨年は北ウネリが強くてパイプが潰されバックドア・マスターズになってしまった事も記憶に新しいが、今年はスウェルディレクションも完璧な北西ウネリでセカンドリーフから割れるクラシカルなパイプバレルがお目見え。選手達も初日から大興奮!そしてさすがのローカルハワイアンが本領を発揮した一日となった。

R1・2はWT下位選手達がローカルハワイアンのワイルドカーダーとマンオンマンで戦う、マスターズ専用フォーマットで試合が進行。マンオンマンだが試合のハーフタイムから次ヒートの2名も海に入って試合がスタートする面白い仕組みで、R1~R2までが消化された。

初日ワイルドカーダーにしてやられたワールドツアラーはマット・ウィルキンソン(AUS)、フレッド・パターチア(HAW)、カイ・オットン(AUS)、クリス・デヴィットソン(AUS)、ダニエル・ロス(AUS)、ディーン・レイノルズ(USA)、エイドリアン・バッカン(AUS)、ビード・ダービッチ(AUS)、テイラー・ノックス(USA)、ブレッド・シンプソン(USA)などの面々。
いつもなら初ラウンドで負けても敗者復活戦があるが今回は無し。
エース・バッカン(AUS)は昨年TCキングを懸けてパーコと最終戦まで争っていた事もあり、思いがけない早々の敗退に悔しさを隠し切れず、かなり落ち込んでいたし、ディーンは手痛いおさぼりのツケが回り、これでとうとうワールドツアー降格となってしまいそうだ。

もう、この日はハワイアン勢の巧みなパイプ捌きがモノを言った一日と言っても過言では無い。これがザ・パイプ、TheDayの素晴らしいバレルライドを数々目の当たりにした。
特に危険も伴うかなりハードなチャージを繰り返す選手達は、何本もの板が餌食となり、怪我人も続出。会場を埋め尽くすギャラリーからは選手がバレルに吸い込まれる度に悲鳴とも絶叫とも言える歓声が絶え止まなかった。

特に注目を集めたのは、パイプマスターの称号を持つジェイミー・オブライエン(HAW)、シェーン・ドリアン(HAW)、イアン・ウォルシュ(HAW)などのワイルドカーダーに、何と言っても今最もTCキングに近いジョン・ジョン・フローレンス(HAW)。
あのディーン・レイノルズ(USA)は試合前からヒート表を見て、周囲にジェイミーと当りたくないと漏らしていたらしいが、結局ジェイミーにダブルバレルとスタンディングチューブを決められ敢え無く撃沈。
シェーン・ドリアン(HAW)も王道を行くバックハンドバレルを披露、イアン・ウォルシュ(HAW)はビッグセット狙いのディープバレルでスピッツと共に飛び出し10ptを付けたジャッジも居た9.73ptを叩き出した。

そして本日のベスト・オブ・ベストを飾ったのはR2でカイ・バーガー(HAW)と対戦したジョン・ジョン・フローレンス(HAW)。幼少からパイプが遊び場だったジョンジョンにとって、バレルに入る事は容易に見える。
ヒート序盤から7pt台は当たり前で、後半も8ptとスコアをどんどん重ねて行き、とうとうその波は最後にやって来た。まずはテイクオフから直ぐにトップバレルにストールしたジョンジョンは、抜け出るとそのまま再びインサイドバレルに完璧に隠れ潰される間際にシュートアウト!
今回ジェイミー・オブライエン(HAW)選手のお宅で観戦させて貰っていたが、そこに居る全員が10!10!10!10!と口々に叫び出し、アナウンスもパーフェクト10をコール!!もう会場もJamie’s Houseも興奮のるつぼだった。

「ジェイミーとジョンジョンのファイナルなら最高だね!」と口を揃えて皆が言っていが、そこまでには翌日開催されるR3のトップシードの壁を叩き破らないとならない。
R3では、ジェイミー・オブライエン(HAW)はアドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)と、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)はダミエン・ホブグッド(USA)と戦う事に。そしてケリー・スレーター(USA)も登場し、ワイルドカーダーのマルカス・ヒックマン(HAW)と対戦します。
そしてそしてH1には、ようやくジョエル・パーキンソン(AUS)が登場。どうやらパーコ、今季TCへ参戦しなかった理由が明らかになった。昨年勝利したTCキングの賞金がどうやら未払いらしい。なるほど・・。

このノーススウェルは週末いっぱいまでがピークとの事で、ガンガン飛ばして試合は進行する模様!!眠れません!!さぁ、トリプルクラウンキングは誰の手に!?

今回Vans Triple Crown of Surfingでは、大会専用アプリが無料でダウンロード可能。
大会スタートは日本時間で夜中の2時位からLive配信されるので要チェックを!!
Vans Triple Crown of Surfingアプリ取得はコチラ⇒

Billabong Pipe Masters オフィシャルHP

なみある?の最新ニュースお届けします。

最新記事

上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/