『緊急事態宣言』で駐車場閉鎖等のまとめ

ahamo、LINEMO、povoなど携帯各社新料金プランのご利用を検討されている方へ

お気に入りのサーフポイントを登録

なみある ?会員になる事でお気に入りポイントをトップページへ登録できます。

波概況

全国の波概況を、経験豊富な「なみある?波予報士」が、毎日多角的に分析しお伝えします。日本全国14エリアの今後の波予想と週間予想を、熟練の波予報士がズバリ的中!気象予報士を含む専門家による波予想で、最高な波乗りスケジュールを!

  • 週末どっち?

    毎週金曜日更新!
    週末のポイント選びをアドバイス

波予測チャート

6時間毎の当日の波高を予測したチャートです。

  • 2021年9月28日(火) 9:00の波浪画像
    https://slcharts01.cdn-surfline.com/charts/japan/regional/japan_wave_3.png
  • 2021年9月28日(火) 15:00の波浪画像
    https://slcharts01.cdn-surfline.com/charts/japan/regional/japan_wave_4.png
  • 2021年9月28日(火) 21:00の波浪画像
    https://slcharts01.cdn-surfline.com/charts/japan/regional/japan_wave_5.png
  • この情報を見るには
    会員登録が
    必要になります。
image01
image01

SPECIAL

なみある?特集ピックアップ

NEWS

サーフコンテスト

グリフィンとケイティーが2021年WSL CS#1「USオープン」優勝! 五十嵐カノアは3位、脇田紗良は5位

PHOTO: © WSL/ Kenny MorrisWSL(ワールドサーフリーグ)のCT(チャンピオンシップツアー)の2022年クオリファイを決定させる重要なイベントのCS(チャレンジャーシリーズ)の初戦である「USオープン(US Open of Surfing Huntington Beach presented by Shiseido)」がカリフォルニア州のハンティントンビーチで日本時間9/21(火)から開催され、9/27(月)にファイナルデーを迎えた。 グリフィン・コラピント(USA)はUSオープン念願の初優勝PHOTO: © WSL/ Kenny Morris五十嵐カノアをセミファイナルで破りファイナルまで進んだグリフィン・コラピント(USA)はファイナルでジェイク・マーシャル(USA)と対戦。PHOTO: © WSL/ Kenny Morris6.83ptと7.57ptを出しトータル14.40ptで先に試合をリードしたグリフィンは、試合終了間際にエクセレントに近い7.63ptを叩き出して、さらにリードを広げてトータル15.20ptでジェイクを破り待望の初優勝を飾りCSランキングをリード。PHOTO: © WSL/ Kenny Morris今回2位のジェイクは、グッドスコア7.33を含むトータル12.83pt(5.50pt + 7.33pt)で後を追うもスコアが延ばせず準優勝。CSランキングは2位にラウンドアップした。PHOTO: © WSL/ Kenny Morris「16歳の時にプロジュニアで勝利した以来で、ようやく優勝する事ができました。」とグリフィンはコメント。「このコンテストの最初から、すべてがまとまり、順調であるという奇妙な直感がありました。たくさんの方へ感謝です。私の両親は多大ですし、兄弟や友人、そして祖父母は人生を通してとても素晴らしいサポートをしてくれました。彼らのお陰で勝利することができました。」PHOTO: © WSL/ Kenny Morrisグリフィンは2018年のVans USオープンで決勝まで進んだが、銀メダリストの五十嵐カノアに敗れ、優勝を逃している。この2人は10代から競い合っていて、今回はセミファイナル(SF)でグリフィンとカノアが対決し、グリフィンが勝利を収めファイナルへ進出した。「カノアとは非常に多くのヒートをサーフィンしているので、彼の戦い方をわかっていましたし、その攻略法も知っていました。」とグリフィンはコメント。 五十嵐カノアは日本人最高3位PHOTO: © WSL/ Kenny MorrisUSオープンで2度の優勝を経験している五十嵐カノア(JPN)は、QF(クォーターファイナル)でルーカス・シルヴェイラ(BRA)との接戦を制してセミファイナルまで勝ち進んだ。カノアはルーカスのエクセレントスコア8.00ptに対し、エアーローテーションをメイクしたライディングで7.77ptをメイクし逆転して見せ場を作った。しかし、SF(セミファイナル)でライバルのグリフィンに敗れ、歴史的な3回目の全米オープンタイトルを逃した。カノアは今大会3位で、日本人最高位でCSランキングを5位にアップさせた。PHOTO: © WSL/ Kenny Morris今大会ベスト16まで勝ち進んだ村上舜は9位で、CSランキング6位と2022年CTクオリファイ圏内にいる。 弱冠15歳のケイトリン・シマーズ(USA)が女子USオープン優勝PHOTO: © WSL/ Kenny MorrisSFではCTサーファーのコートニー・コンローグ(USA)を破りファイナルまで勝ち進んだケイトリン・シマーズ(USA)は、ファイナルでガブリエラ・ブライアン(HAW)と対戦。PHOTO: © WSL/ Kenny Morrisオープニングから6.33を出し順調なスタートを切ったケイティーは、5点台のバックアップを揃え試合をリード。その後試合の残り14分でグッドスコア7.17ptを出しさらにリードを広げ、ガブリエラが逆転するのに7.83pt必要な窮地に追い込んだ。そしてさらに6.73ptを出したケイティーは完全に試合を支配しトータル13.90(7.17pt+6.73pt)でUSオープン初優勝を飾った。PHOTO: © WSL/ Kenny Morris「私は本当に幸せで、全てがうまくいったことが最高に嬉しいです。」と優勝後ケイティーはコメント。「満潮時のファイナルだったので、波を20分待った準決勝でやったことはできなかったので、すぐにスタートしようとしました。私は実際にCTクオリファイしようとしているのではなく、続くフランスとポルトガルの試合も楽しみたいです。」準決勝でケイティーは、2度のUSオープンチャンピオンでCTのベテラン選手コートニー・コンローグ(USA)に勝利する必要があった。カリフォルニア州オーシャンサイドのライバルは、まだ彼女を世界最高の選手に加わることを考えていないかもしれないが、2021年のケイティーの素晴らしいスタートは、大きなインパクトを残している。PHOTO: © WSL/ Kenny Morrisコートニーは今大会3位でCSランキングは12位。「今年の私の考え方は何も変わっていません。いつものことをしているだけで、うまくいっていると思います」とケイティーは付け加えました。「プロジュニアを制した後にこの大会で優勝する事ができて最高です。今大会、ずっと良いサーフィンをしていたガブリエラに勝利できて本当に気分が良いです。」PHOTO: © WSL/ Kenny MorrisガブリエラはQF(クォーターファイナル)ではCTサーファーのキャロライン・マークス(USA)やSF(セミファイナル)ではココ・ホー(HAW)を破り決勝まで勝ち進んだ。ファイナルでは逆転に必要なスコアが出せず惜しくも準優勝となったガブリエラだがCSランキングは1位で現在CTクォリファイの有力選手の1人だ。 QFまで勝ち進んだ脇田紗良は5位 この投稿をInstagramで見るSara Wakita 脇田紗良(@sara_wakita1010)がシェアした投稿 脇田紗良はQFで今大会の勝者ケイティーに敗れ惜しくも敗退したが、日本人女子の最高位5位でフィニッシュし、CSランキングを14位にアップさせた。初戦からCTサーファーのレイキー・ピーターソン(USA)を破るなど順調に勝ち進んできた脇田は、R32ではグッドスコア(7.00pt + 7.03pt)を2本揃えなど素晴らしい試合を披露してくれた。続くCS戦での活躍も期待したい。 ▼USオープン 女子ファイナル結果:1-ケイトリン・シマーズ(USA)13.902-ガブリエラ・ブライアン(HAW)10.60▼USオープン男子ファイナル結果:1-グリフィン・コラピント(USA)15.202-ジェイク・マーシャル(USA) )12.83▼USオープン 女子セミファイナル(SF)結果:SF 1:ガブリエラ・ブライアン(HAW)11.60DEF.ココ・ホー(HAW)7.94SF 2:ケイトリン・シマーズ(USA)14.83DEF.コートニー・コンローグ(USA)10.34▼USオープン 男子SF結果:SF 1:ジェイク・マーシャル(USA)10.37DEF ノーラン・ラポザ(USA)9.50SF 2:グリフィン・コラピント(USA)13.27DEF.五十嵐カノア(JPN)6.17▼USオープン 男子QF(クォーターファイナル)結果:QF 1:ジェイクマーシャル(USA)12.73DEF.カラム・ロブソン(AUS)10.27QF 2: ノーラン・ラポザ(USA)13.00DEF.コロヘ・アンディーノ(USA)6.70QF 3:グリフィン・コラピント(USA)13.73DEF.リアム・オブライエン(AUS)5.60QF 4:五十嵐カノア(JPN)14.77DEF.ルーカス・シルヴェイラ(BRA)14.50 2021年CSランキング男子は2021年CSランキングTop12が2022年のCTにクオリファイする。CTランキング8位で今シーズンをフィニッシュし来年のCT入りを決定しているカノアは5位、村上舜は6位の順。大原洋人は今大会17位でCSランキング41位。女子は2021年CSランキングの上位6名が2022年のCTにクオリファイする。日本女子最高5位となった脇田紗良はCSランキング14位。前田マヒナは29位、野中美波は30位の順。今大会インターフェアで敗退して25位となった銅メダリストの都筑有夢路は現在CSランキング33位。▼男女CSランキングhttps://www.worldsurfleague.com/athletes/tour/wcs?year=2021 続くCS第2戦「MEO Vissla Pro Ericeira」は10/2(土)〜10/10(日)までポルトガルのポイントブレイク「Ribeira D’Ilhas」で開催される。2022年CTクオリファイの行方は果たして? CS(チャレンジャーシリーズ)でCTを目指す日本人選手の動向にも注目したい。 ▼CS#1「US Open of Surfing Huntington Beach presented by Shiseido」https://www.worldsurfleague.com/events/2021/mcs/3757/us-open-of-surfing-huntington-beach-presented-by-shiseido

2021/09/27
上へ戻る

Internet Explorer完全非対応についてのご案内

「なみある?」WEBサイトは
Internet Explorerは全てのバージョンにおきまして完全非対応となりました。
Chrome、Firefox など 他ブラウザでご利用いただくようお願い申し上げます。
各ブラウザは以下からダウンロードください。
Chrome
https://www.google.co.jp/chrome/
Firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/